2011年06月15日

読書会U

『「自分のために生きていける」ということ』
読み終えました。

明日が読書会なのでギリギリ間に合いました。(汗っ)

いやいや、なかなかの内容でした。
正直、前半は「世の中こんなもの、人なんてそれぞれでこんなものだよ」なんて、思いながら読んでいましたが、後半は、知らず知らずのうちに読み入ってしまいました。

ここは私に。。。
ここは主人に。。。
ここはあの人たちに。。。

なるほど、こういう心理で人は動かされているんだな。
何かが私の中で吹っ切れました。

本当は、人間関係に悩んでいた。。。というか、何か行き詰まりを感じていて、それが全て私に問題があるのでは。。。と自問自答を繰り返していました。

この本に、
「。。。。。。必ずなくてはならないのは、「私はこれでいい」という肯定のステップです。現状に行き詰まりを感じていても、それを認める。何か変わらなくてはならないけれども、そのために今の自分を否定する必要はない。。。。。」
とあります。

確かに私は不完全で、間違う事もある。だけど、皆そうなんですよね。

大切なのは、いろんな事を知る・学ぶことだと。。。

それと、もう一つ、この文章は、真央ちゃんとある人物を思わせました。
『。。。。。。
それでは、なぜ勝ち負けにこだわってしまうのかといえば、自分の本当の欲望からそれたところでゲームをしているからなのです。好きでもないことをやっていたら、せめて勝つことくらいにしか、楽しみが見いだせないからです。自分が好きなことを一生懸命やって、その過程が楽しければ、勝ってうれしくても、負けて悔しくても、「また明日」とやり直すパワーが湧いてくるでしょう。じつは、結果編重の価値観から降りたところに、本当の喜びがあり、本当のパワーがあるのです。』

posted by ぶるうらぐん at 23:15| Comment(0) | 映画・読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月12日

「浅田真央 Book for Charity」再販決定!

「浅田真央 Book for Charity」の再販が決定されました!

この本、チャリティーが目的ということもあって、広告を一切出さずに売り出されたということなんですが、それがたった3週間ほどで一万部を超えたというから驚きです。
フィギュアファン・特に浅田真央ファンを中心に、口コミで広まり、多くの賛同を得たということですね!!

う〜〜〜ん。
やっぱりすごいよ。真央姫は!!
ファンもすごい。 みんないい人!!

あっという間に、こういうことになったものだから、あっという間に予約締切となってしまいましたが、この度再販が決定されました。

遅れをとりましたが、私も本日予約を入れました!

本書の販売によって得られた収益(利益)全額は、日本赤十字社を通して、東北地方太平洋沖地震への義援金になるという事だし、内容も
第1章 新たなる挑戦
第2章 成果
第3章 不調
第4章 世界選手権2011
などなど、真央ちゃんの思いがいっぱい詰まってそうだし。。。

詳しくはこちら→http://www.gakken.jp/book_for_charity/

これぞ『一石二鳥』ってやつですね!

でもですよ!
『注)発売日のお届け(お届け日)を確約するものではございませんので、ご了承ください』

などと書いてあるのですよ!!
届くのは8月11日頃。
うちにも届くかな?
posted by ぶるうらぐん at 15:26| Comment(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月05日

読書会T

友達に読書会に誘われました。
「ホッと・タイムな読書会」。主催はNPOハートケアライフ。

今まで自分の読みたい本を本屋で探して、気に入った本が見つかれば読む。
という読書しかしてきませんでしたが、読書会は課題図書を当日までに読んで、その内容について思い思いに語り合うというもの。
与えられた本を読むなんて、久しぶりです。

今回は『「自分のために生きていける」ということ』斉藤 学著。

本当は、中学・高校生を持ってる親対象の読書会で、課題図書が『10代の子供が育つ魔法の言葉』の方に参加したかったのですが、声をかけられたのが当日の一週間前で、気持ち的にも余裕がなく、今回はこちらに。

昨日、本を購入し、今日から読み始めています。

こういう心理学的な本を読むことはめったにありませんでした。
というより、これで3冊目かな?
小説を読んだ数に比べると。。。比べられませんなあせあせ(飛び散る汗)

80ページほど読みましたが、かなり大雑把にいうと今のところ「寂しさと退屈」、「嗜癖」、「共依存」について書かれていました。(内容感想は完読後に。。。)

私にも当てはまる所があるような、ないような。。。

こんなことは、人間である以上みんな持ってるものだと思います。
あるボーダーラインがあって、それを超えてしまうかどうかで、常識の範囲なのか病的なのかがわかれるのでしょうね。

16日まで時間はたっぷりあるし、ゆっくり読んでいきましょう。

この本を読んで、みんなで語り合って、何かを発見できればいいな!
posted by ぶるうらぐん at 15:53| Comment(0) | 映画・読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月02日

アレクセイ・ヤグディン

ソルトレイク五輪は、大会前からヤグディンとプルシェンコの対決が大きな話題になっていました。結果はプルシェンコがショートでの転倒が響き銀メダル、優勝・金メダルはヤグディンでした。
「ヤグディン・ステップ」!いまだに強烈に覚えてます。
そして、彼の3Aは何て美しいんでしょう。高さ・回転・着氷後の美しい流れ。。。

この二人の戦いは、フィギュアファンの中で後世に語り継がれる程、凄まじく、強烈で、フィギュアスケートという競技が、スポーツと芸術が合体した戦いの一つであると。。。
そう再認識させられた素晴らしいものでした。
この時、宿命のライバルに破れ、無念の銀メダルに終わったプルシェンコ。表彰台では彼の悔しさがにじみ出ていました。その後の活躍は、みなさんご存知の通り!!

ソルトレーク五輪
SPの演技「ウィンター」↓
http://www.youtube.com/watch?v=GEfR4dQ8wAw
FPの演技「仮面の男」
http://www.youtube.com/watch?v=sVYs2M_rIm0&feature=related
タラソワとのツーショット場面も。。。

こういう、「技と芸術と心」の真の戦いであるフィギュアスケートが、私はみたい!!
posted by ぶるうらぐん at 12:02| Comment(2) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。