2011年08月25日

お買いもの

ノッチが我が家にやってくるまで、あと1週間!
その準備にと、先週末ペットショップに買い物に出かけました。

お買いものリストはバッチリ!

「これにしよか。。。あれにしようか」
「これもいるわよね!」

そんな私の買いものする様子を見て
「何か。。。出産前の買い物してるみたいやな。。。」
と夫が一言。

そう言われれば、そうかもしれません。
リストをみても、なんとなく揃えるものが似てるんですよね(笑)

夫:「この、”おもちゃ”っていうの、笑えんな!」

いやいや、おもちゃをなめてはいけません!
ネコちゃんには、絶対必需品なんですよ。

トイレの大きさも二人でもめたんですが、
「大は小を兼ねる。 もし狭くてそこでしたがらなかったら困るから、大きいのにしよう」
と私が押し切ってしまったのですが。。。

家に帰って、置く予定の場所に置いてみると。。。
やっぱり大き過ぎた!!!

夫はまるで鬼の首でも取ったかのように、「ほれ、みてみぃ!」
むむむっ。。。。。
確かに
今の体の大きさにはもちろん、成猫になってもちょっと大きすぎたかな?

特に2ヶ月の子猫には、あまりに大きすぎるので、
100キンに行って、手ごろな大きさのトレイを買ってきました。
そのままでは、砂がこぼれるかもしれないので、
大きなトイレの中にセットして使うことに。

いいんですよ!
ノルウェージャンは大きくなるんですから!
成猫になったら、丁度よくなるんですよ!

2011年08月16日

愛猫ノッチ

先日、ブリーダーさんから2回目の成長報告がありました。

『食欲もこの暑さに負けることなく大盛で順調に成長しています。』の報告と一緒に届いたのがこの写真。

r4.JPG

ほんとにぽんぽこりんのお腹!!

それに、やんちゃさんっぽい顔つきになってきたような。。。

今から親バカ発揮するわけではありませんが、本当にかわいい子
どのネコちゃんよりかわいい!

2011年08月14日

お盆

今日は、家族三人でお墓参りに行きました。

いっちばん暑い1時〜2時の間に行ってしまったので、暑いのなんのって!!
頭もボ〜〜っと、のぼせてしまいました。

夫は帽子もかぶってなかったので、まるで茹蛸のような顔で、汗をぬぐいながらきれいにそうじしてました。
意外にこういうとこは、私以上にマメで丁寧なんですよ。

その後は母を見舞い、夫の実家の兄夫婦の家へ行きお仏壇に手を合わせてきました。

兄夫婦とは、年に2,3回程しか会わないので、話もいろいろとあって盛り上がります。
特に娘の話題になると、兄夫婦には子供がいないこともあって、将来の事をあれやこれやと好き勝手に想像して、笑い話に。。。

娘にとっては、いい迷惑以外の何でもないでしょうけど。。。

話が、今度私達が飼うネコ、ノッチの事になると、
姉は柴犬が欲しいんだとか。。。

あれだけの広い庭があれば、私たちが断念したゴールデンレトリーバーだって、楽々飼えるのに。。。

夫婦二人だし、犬を飼うのはいいことだと私も思います。
大変だけど。

疲れて帰ったので、今日の夕飯は手抜き!
出前をとってすませました。 あはっ!
お盆だし、いいかっ。
posted by ぶるうらぐん at 23:22| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月08日

浅田真央 Book for Charity

ukyary777-thumb-131269157474106.jpg

やっと届きました。
今回は2回目という事で、私にも無事に回ってきたようです。

私は真央ちゃんの大ファンですが、関連書はほとんど買ったことがありませんでした。

今回は、
・本の購入という形で自分もチャリティーの一部分に携わることが出来る
・今シーズンほど辛いシーズンはなかっただろうと思った事、そして新しい「浅田真央」へのスタートの年であった事から、彼女自身の本心や、周りの方々の様子を知りたかったこと
などの理由で購入を決めました。


全部で93ページという、短い本ではありましたが、内容はとてもすばらしいものでした。
真央ちゃん自身の、スケートに対する思い。。。目標の達成だけでなく、「お客さんと一体化したい」という思いが、どんなことがあってもくじけず、諦めず、くじけそうになっても、涙を流しても自分を奮い立たせる原動力になってる事。

世間の注目を集めた「ジャンプ矯正」は、目標の単なる一部分であり、
本当の勝負は「スケーティング」
これが、真の挑戦であったこと

真央ちゃんの練習する姿を見ながら
佐藤コーチが「やっぱりうまいなぁ〜」
久美子コーチが「見とれてしまう。。。」
そうつぶやく様子

コーチをはじめ、小塚君のお父さんとの「エッジ研磨」の関係
そして、同じ目標を目指すチームメイト的存在の小塚くん。。。

今、真央ちゃんをとりまく体制が、本当に整った!!
そう感じました。

本書では、ミーハー週刊誌的なライバル構図を盛り込まれてなかった事も、私には好感がもてました。

最後に
この本の著者、吉田順さんの”人となり”が、私には感じられました。
真央ちゃんの本は、こういう方に書いてもらいたい。。。
こういう、淡々とした流れの中に、伝えるべきことをしっかりと伝える、

そう、まるで浅田真央のような
素敵な一冊でした。


posted by ぶるうらぐん at 10:08| Comment(2) | フィギュアスケート(浅田真央) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

THE ICE 2011

今日の昼間、THE ICE 2011の模様が放送されました。

真央ちゃん始め、出場者全員の「私達に何か出来ることを。。。」
その思いが実現されました。

国内外から世界で活躍するトップスケーターのハイレベルな技と優雅なスケーティングが披露された
このイベントの利益は、義援金として日本赤十字社ほかを通じて、東日本大震災の被災地の復興のために寄付されるそうです。

ちょっと残念だったのが、放送時間がCMを挟みながらの1時間20分程しかなかったので、出場者全員の演技がみれなかったこと。。。
長洲未来ちゃんの演技、私好きなんだけどなぁ〜〜〜

でも、真央&バトルの「アラジン」みれたし、
「ジュピター」みれたし
真央&小塚の「ルパン3世」みれたし。。。

「ジュピター」すごくよかったです。今までの演技とはまた違った真央ちゃんがみれましたし、「復興」への祈り、特に「慰霊」という感が強い演技だったように思います。
ただ、ちょっとだけ。。。
なんとなく、いつもの振付に比べると、「真央色」が出てなかったというのか。。。
うまく言えないのですが、安藤選手でも他の選手でもできる内容というか。。。
まぁ、このプロはそれでよくて、それが狙いだったのかもしれませんが、
ついつい真央ちゃんには、彼女しかできない内容を期待してしまうので。。。

でも、あ〜ゆ〜演技が、ずっと真央ちゃんに求められてきたものなんですよねぇ〜〜〜
「もっと演技力をつけろ!!」ってね。
そういう意味では、情感たっぷりでとてもよかったですよ。

私の目は、タラソワに毒されてるのかな?
彼女の振付は独特でとても難しく、ハイレベルな選手でないとこなせない内容なので
ついつい「真央インパクト」を期待してしまって。

小塚君とのペアも、とってもコミカルに仕上げられていて、
それでも、しっかりアイスダンスのステップが盛り込まれていて
「さすがだなぁ〜〜」と感心しました。

小塚君、チュー顔で頑張ってましたね(^^)
posted by ぶるうらぐん at 00:24| Comment(4) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。