2012年11月28日

浅田真央、“ジャンプミス”連発でも優勝の真相 技術と演技に見た新たな可能性

野口美恵
スポーツナビ浅田真央、“ジャンプミス”連発でも優勝の真相
技術と演技に見た新たな可能性
2012年11月27日(火)

■浅田真央のターニングポイントの試合
キス&クライで肩を落として点数を見守る浅田真央。グランプリ(GP)シリーズ6戦目のNHK杯、フリースケーティングは、ジャンプ7つのうち4つでミスをし、散々の内容だった。
「自分の演技の出来の悪さにがっくりしていて、得点も順位もまったく考えていませんでした」

 鈴木明子は、フリーで次々とジャンプを決めて勢いのある演技を披露し、観客はスタンディングオベーション。その残像が残るなか、浅田がミスを連発したことで、多くの観客が鈴木の優勝を予想していた。むしろ浅田が2位にとどまることができるのか、不安に思った人もいただろう。

 すると、浅田のフリーの得点は117.32点で2位、総合では鈴木を0.05点差でかわし、185.27点で優勝した。会場はざわついた。浅田も言う。
「優勝と出て、ちょっとポカーンとしました」
 これは不正採点や採点ミスという類のものではない。今季の浅田が「ジャンプに頼らずに高得点を狙えるタイプ」へとシフトしたことを証明する、ターニングポイントの試合だったのだ。

■ミスしたジャンプへの加点は「実行されたジャンプを評価」
 ではなぜジャンプで4つもミスをした演技が、117.32点という高得点だったのか。これは採点方法と照らし合わせると、減点が最小限にとどめられた理由が分かる。それは(1)ミスしたジャンプで加点された(2)ミスしても演技が途切れなかった――という2点だ。

 まず今回の浅田は、3回転ループや3回転フリップを予定していたものが、2回転になってしまった。多くのケースでは、コントロールを失って軸がブレてしまい2回転になるので、明確なミスとして「出来ばえ(GOE)」は減点される。しかし、今回の浅田は、2回転ループで「+0.26」、2回転フリップで「+0.09」の加点をもらった。
 この理由を、元国際スケート連盟(ISU)ジャッジの杉田秀男氏はこう説明する。
「そもそも、ジャッジが『これは3回転をやる予定だ』と思い込んで見て2回転だったから減点という採点方法ではない。あくまでも実行されたジャンプそのものを評価する。そうなると、2回転であっても軸がブレずにコントロールされていれば、プラス評価することはあり得る」

 確かに、「真央なら3回転するはずだ」と思い込んで見るのは、ジャッジとしては偏った視点だ。ジャッジの「ジャンプの減点ガイドライン」には、踏み切りや着氷については細かく減点が記されているが、「3回転の予定が2回転になったから減点」という文言は、当然存在しない。
 結果として浅田は、ミスした4つのジャンプのうち2つをクリーンに降りたことで、「出来ばえ」に加点をもらった。

■佐藤コーチ理想のスケートへ、真央「手応えを感じている」
次に「ミスしても演技が途切れなかった」ことが高得点につながった。一般的には、ジャンプで転倒があると、予定していた細かなステップをタイムロスのために省いたり、せっかく醸し出していた世界観が途切れて我に返ってしまったりする。そのため「ジャンプ転倒=演技力の点数に影響」ということは、採点方法に明記はされていないものの、ジャッジセミナーでは指導されている。

 しかし今回の浅田は、転倒や着氷のミスは一切なかった。むしろジャンプ全体のスピードは昨季よりもあり、着氷後もスーっと後ろに流れていくような質の高いものだった。そのため、ジャンプミスによって演技構成点が下がる、という図式にはあてはまらなかったのだ。

 佐藤信夫コーチは言う。
「とにかくスピードをつけて、大きく立派なジャンプを跳ばせようと思っています。だんだんスピードが出てくると、今度はちょっとした狂いが(空中での)ブレになる。スピードを出した中でのジャンプは、良かったり悪かったりです」
 今はスピードのあるジャンプへと磨き上げている過渡期。ジャンプの成功はならなかったが、スピードを出して質を高めようとしたという面を評価し、佐藤コーチは納得の表情でうなずいた。

 ジャンプミスによる演技構成点への影響が少ないとなれば、あとは披露した演技そのものへの評価が勝負になる。そして浅田は、気持ちが途切れることなく最後まで集中し、練習通りの滑りを見せた。今季のフリーは、言わずと知れたバレエの名曲「白鳥の湖」。黒鳥の32回転のグラン・フェッテの場面では、グラン・フェッテを連想させる高速ツイズル(回転)の連続で、曲想を見事に表現するなど、見どころの多い演技内容だった。
「スケートを基礎からやり直した成果です。演技では、1つ1つ音を外さないように徹底してきたので、それが評価されたと思います」と佐藤コーチ。浅田も「フリーはしっかり練習してきてプログラム全体が体に染みついている。練習ではすごく良い状態になっていました。あれ(失敗)だけでなく、滑り全体を見ての評価なんだと思います」と話し、演技全体を踊りきるという面では、かなり完成度が高い状態まで来ているという。
 結果として、「スケート技術」「演技力」「音楽表現」の3項目で、8点台という高評価を得て、演技構成点の64.54点は全選手でトップの評価だった。浅田は振り返る。
「信夫先生の所に行ってから、スケーティングから直したし、ジャンプも新しいフォームからの指導だったので苦労しました。でもちょっとずつ良くなっている。今ようやく、滑りにもジャンプにも手応えを感じているんです。練習の方向性は合っている、そう思います」

 その手応えは、ジャンプだけに頼らずに高得点を狙える、佐藤コーチが目指す理想のスケートに他ならない。

■鈴木明子、素晴らしい演技で観客を魅了

0.05点差での2位だったが観客への印象は優勝に値した鈴木明子【坂本清】 ひとつ付け足すとすれば、鈴木の演技も素晴らしかった。鈴木自身が曲を選んだという、シルク・ド・ソレイユの「オー」は、伸びやかさとスピード感が溢れる滑りだった。観客には「ノーミス」に見えたほどの演技だが、「ルッツのエッジが不明確」が2つと、「ループの回転不足(アンダーローテーション)」により、3点以上失っている。0.05点差での2位ということを考えれば、観客への印象としては、優勝に十分値する演技だった。

 フィギュアスケートは、非常に細かい採点基準により評価される。ち密な戦略、高い技術と、感動を与える演技――さまざまな要素が絡み合いながらも、しかし最後に言い渡されるのは、順位というたった1つの数字だ。
 だからこそ。順位を見て、あれこれ論議するよりも大切なことがある。3年かけてスランプを抜けようと努力している浅田と、歳月をかけて徐々に進化してきた鈴木。その両者に、同じだけ大きな拍手を送ることだ。


頑張れ!
日本のスケーターたち!!
posted by ぶるうらぐん at 23:44| Comment(2) | フィギュアスケート(浅田真央) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月27日

内村航平が一般女性と結婚!

YahooのTOPを開くなり、飛び込んできたこのニュース!
まったく、びっくりさせてくれるわぁw(°o°)w

こんな発表が待っているなら
今季の試合、怪我の完治も含めて、休んでよかったわ!
むしろそれがあったからかな?

でも、よかった!よかった!!
まさかいきなり”結婚”とまでは思っていなかったけれど
これからは、しっかりとしたこういう人の存在が必要だと思っていたし
そういえば、オリンピックでの賞金は、すべてマイホームに!って言ってたもんね!

お相手は、小柄でかわいらしい方なんだとか(#^.^#)

いきなりの発表に、ショックを受けてるファンもいると思うけれど
(お母様が一番ショックを受けてたりして。。。)
これからは、本物のファンだけが残るのでは?

いやいや
何はともあれ、おめでとうございます\(o⌒∇⌒o)/
どなたかわかりませんが、しっかりと航平君を支えてやって下さいね。
かなりシャイ。。。繊細な神経の持ち主だと思うので。。。
落ちついた環境で、体操に集中できるようにしてあげてください。
末永くお幸せに!!

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
今日夕食後、夫が突然
「おいっ、内村、真央と付き合ってるんやてな!」
???????????
「はいっ?」
また、なんで結婚発表のあった日に。。。
航平君にはまったく興味がないから、真央ちゃん関連で記事見つけたのかな?
「何言ってんの! 今日、一般の人と結婚したって発表あったよ!」
まったく。。。

で、今検索してみたら、ありました!ありました!!
結局ね、週刊誌の記事はこの程度。
真央ちゃんたちが、航平君の練習を見学しただけで(この事は知っていましたが)、恋の噂って。。。

二人とも私の大好きな子だけど
ありえんな! この二人は。。。
航平君は、自分に合った相手を見つけたけれど
真央ちゃんも、そういう、自分を支えてくれるような人と巡り合えるといいのにな!

posted by ぶるうらぐん at 09:24| Comment(0) | 体操(内村航平) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月26日

NHK杯 男子シングル

とにかく、今、男子の戦いはレベルが高い!!

そんな中、圧倒的に日本男子が上位を占めてしまう。
GPファイナルに出場できるのは6人。
その内4人までもが日本選手なのだから、たまりません!

それだけ世界でTOPに立っているのに
オリンピックに出場できるのは、最多で3人まで
ある意味、残酷ですね。。。

高橋選手と羽生君の戦いも凄かった!
本当に楽しませてくれた。
怖いもの知らず、才能と負けず嫌いを前面に出して突っ走る羽生君
そして、王者としての意地とプライドをかける高橋選手

本人には申し訳ないけど、見応えもあり
やっぱりおもしろかった。
こういう試合はおもしろい!!

女子は。。。
やっぱりね
彼女のファンだから言うわけじゃない
フィギュアスケートファンとして言わせてもらうと

やっぱり浅田選手ですよね!
なんだかんだ言っても、彼女は上手い!
彼女がピリッとした、爽快な、少なくともミスを最小限に抑えた演技をしてくると
試合全体がレベルUPし、緊張感からくる面白さが出てくるような気がします。
posted by ぶるうらぐん at 23:30| Comment(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月24日

NHK杯 女子シングル


oth12112322270027-p1.jpg

1位、2位の差が0.05点!!
僅差で優勝したのは浅田選手。
本人も複雑な表情を浮かべていたけれど

ショートの出来がまずまずで、「これは行ける!」と
期待大のフリーだっただけに
正直、呆然としてしまいましたが

でもですね
ジャンプ以外はかなり良かったのですよ
2年かけてやってきたことが、やっとジャッジに認められ
評価を受けられるようになった!!

そのジャンプも成功したものはなかなかの出来でしたよね?
ショートとあわせて、やっと本来のキレが戻ってきたかなぁ〜〜〜と。。。
よくよくみると、入り方とか、結構考えてあって、高得点を狙うプロになってると思います。
(ショート2A後のあの手の上げ方は、ちょっと。。。取ってつけたような感じでイマイチですね)

今回の”結果”は、おそらく難癖つける方々もいると思われますが
(でも、今までの彼女に対する評価は、時として厳しすぎる内容であったのも事実のような気がします。)
本人の表情を見れば、本人が一番わかってます!
フリーは、やっぱり残念!
本人が一番悔しいでしょうし、情けないでしょう。

今は勝ち負けより、内容が1番!!

ファイナル、全日本、世界選手権
この3試合を通して
しっかり気を引き締めて、
迷うことなく、ソチへの道へ突き進めるよう頑張って!!!

posted by ぶるうらぐん at 22:41| Comment(0) | フィギュアスケート(浅田真央) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月18日

五輪報告演技会・大阪演技中止とW杯ドイツ大会の欠場

ニュースを聞いて「やっぱりか」と思いました。
12月1日〜2日に開催される、W杯ドイツ大会への出場は辞退するのだそうです。

昨日今日痛み出した肩や足ではないだろうし、なんとなく気がかりでしたし
大阪での報告会も”お休み”ということで、
私としては、もうこの際すっきりと”今シーズン休業!”にしちゃえば!!
と言いたいところです。

でも今のところ、豊田国際は種目別だから出る予定なのだとか。。。

律儀なのか、立場上出場しなければならないのか
ただ単純に出場できると判断しての事なのか

わからないけど
あまり無理しないでほしいですね。

内村航平と言えば、”完璧”とか”完全”とか
いろんな技をひょひょひょいとやってしまう、人間離れした子
あの世界選手権個人3連覇という偉業を成し遂げた時さえ
私には「へ〜〜、たいしたもんだ。やっぱり凄い子なんだねぇ〜〜〜」ぐらいにしか思えなかったんですよね。
勝つのは当たり前。
だから、世界選手権以外、あまり興味もありませんでした。
もちろん、あの笑顔と完璧で美しい演技はもともと好きで、ファンではあったんですが
心から応援してたのは、苦しんでる浅田選手だけで。。。

ところがですよ!!
ロンドン五輪 予選がボロボロで、種目別は床しか残れなかったニュースを聞いて
そしてあの録画を見て。。。

そこからは、もう浅田選手同様、自分の子でもあるかのような”真剣応援”と変わりました。

人気急上昇で、労なく情報も入るようになったし。。。
これから、とりあえずリオまでの応援が続きます。

おっと、その前に我が浅田選手の”ソチ”が待ってるんですよ!!
まずは今度のNHK杯、気持ちよく優勝してくれることを祈って!
がんばれ〜〜〜〜まおぉ〜〜〜〜〜〜〜!!


■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
追記:11月22日
何だかんだと心配していると
やっぱり。。。休業宣言です!!
もうぉ〜〜〜! 遅いくらいだよぉ〜〜〜〜

『毎日新聞:<体操>内村「けがの状態、思っていた以上にひどい」
 ロンドン五輪体操男子個人総合金メダリストの内村航平(コナミ)が21日、痛みが生じている右肩などの状態について「自分が思っていた以上にひどい状態。練習も全くしていない」と明かした。東京都内で開かれた母校・日体大の五輪報告会に出席後、報道陣の取材に答えた。

内村は今月の全日本団体・種目別選手権で団体の一部種目のみの出場にとどめ、来月初旬の個人総合ワールドカップ(ドイツ)も出場辞退。「4年分の疲れがドッと来ている。一回リセットしてもいいかな」と、当面は試合や練習を回避し回復に専念する可能性も示した。【石井朗生】』

いいのかな?って
いいですよ!いいですよ!!
競技を続け、試合に出るためには
”心技体”のバランスが不可欠!!
ゆっくり休んで、英気を養い、また新しい第一歩を踏み出してください!!



posted by ぶるうらぐん at 23:50| Comment(0) | 体操(内村航平) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月15日

内村くん、今度はギネス認定!!世界3連覇が「世界記録」

なんだか。。。
次から次へといろんな賞やら叙勲やらもらっちゃって
(手前味噌で恐縮ですが、実は昨年秋、私の母方の伯父が叙勲を頂いてるんです。)

本人も何が何やらわからなくなってきてるのでは?と思うほどの勢いなんだけど
でも、このギネス認定は当然と言えば当然かなと。
だって、本当に凄い事ですから!
いやいや、いろんな事含めておめでとうございます!

ギネス認定.jpg

ギネス認定といえば浅田選手が、一試合中ショート・フリーで、3Aを3回飛んだということでギネス認定されたことは記憶に新しいのですが、
その時は、ギネスワールドレコード社から「認定証」が送られてきただけ。。。

でも内村選手の時は、社長のアリステア・リチャーズ氏が来日し、直接手渡しとなったみたいで。。。
なんかすごいな。

それにしても12月1日のワールドカップ ドイツ大会、
怪我などいろいろ心配はあるのですが、それなりに調整はうまくいっているのでしょうか?

先日は東日本大震災の復興支援のため、全国5都市を回る体操のロンドン五輪報告演技会が、新潟で開催され、鉄棒とあん馬の演技を披露したそうですが。。。
大丈夫なんかい?

と思うところはありますが、
もしかしたら、みんなに喜んでもらえてる事、本人も楽しんでるのかもしれないし
試合、試合と気が張るよりも
意外といい感じなのかもしれないですね(*´▽`*)


G20121111004534520_view.jpg

それに
全日本では、ゆか・あん馬・跳馬・鉄棒
その報告演技会では、あん馬・鉄棒
と、なかなか考えてやってるみたいだし。。。

とにかく、今は怪我を悪化させることなく
演技会や、試合も、無理することなく
個人的には、ワールドも勝ちにこだわる必要はないと思っているのですが。。。
ダメ?

新しいルール変更も発表され、今後の4年
新しい構成の演技を、楽しみにしていきたいと思ってます。

posted by ぶるうらぐん at 10:25| Comment(0) | 体操(内村航平) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月03日

GP中国杯 真央ちゃん、優勝!!!

うふっ!
私の予想通り、真央ちゃん優勝しちゃいました。

もう、今はとりあえず内容はおいておきましょう!
とにかく今回は「勝つ」事が大事だったと思います。
理由はソチで開催されるファイナルに進むため!!

でも厳しかったですよね。
演技終了時点では「これは。。。ちょっと。。。まっ、2位でもいいか」
って感じだったんですけど
リプニツカヤちゃんも、合わせるようにミスしてくれちゃって。
なんか。。。もらいもののような優勝でしたが、それでも今はいいじゃないですか!!

本人も「優勝できるような内容じゃない」と言っていましたし
NHK杯まで、3週間ほどありますから
ジャンプの調整をしっかりやって欲しいなと思います。
難しいことを始める前に
今入れているジャンプをしっかり成功させること!
(118点って。。。。かなり減点されてるし、加点ももらえてない証拠ですよね)

それだけを期待します。

それからのことはそれからでいいじゃないですか(^^)
posted by ぶるうらぐん at 23:12| Comment(2) | フィギュアスケート(浅田真央) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

体操全日本選手権 内村君、まさかの落下!

今日はスポーツの当たり日ともいえる日でした。
大好きな真央ちゃんと航平君が見れる日!!
ルンルン気分!!

まずは昼間に放送された体操全日本選手権から。。。

放送が始まるなり、いきなりアップの内村選手。
なんだかね
やっぱり疲れが出てるような感じで。。。
生気が感じられないというか← これは言い過ぎか?
でも、元気な様子ではなく
怪我ばかりが原因でもないような
そんな感じを受けました。

でも演技が始まってみると、難度は抑えてあるとはいえ
床、あん馬、跳馬と相変わらず美しく、そして貫録さえ感じる試技にまとめて
「さすが世界チャンピョン! 悪いなりにまとめてくるな」
と感心してみていました。

最後の鉄棒も
解説者の話を聞いていると、15点前半を出せばいいような内容だったので
「難度を下げて無難にまとめてくるだろう。」
と、ソファーにゆったりかまえてみていると
最初のアドラーひねりから伸身トカチェフへの連続技で、いきなり落下!
それも手を放した瞬間に、素人の私でも「遠い!」とわかるほどのミス
手がぜんぜん届かず、そのままの姿勢でマットにたたきつけられて。。。

「ひゃっ!」
思わず声が出てしまいました。

怪我を治療しながら、演技を調整していると聞いてましたが
いろいろイベントも続いていたし
やっぱり、練習不足かなと思います。

田中選手も小さなミスが重なり
植松選手も、途中まではあのゾンダーランド選手を彷彿させるくらいの凄い演技だったのですが、あと少しでこちらも落下。。。

最後の鉄棒だけでなく、あん馬や跳馬でのミスで
コナミは連覇をのがしました。

優勝は、ロンドンOPで有名になった加藤、そして野々村両選手率いる
順天堂大学。
おめでとう!!  みんな本当に頑張ってたもんね!!

それにしても、おもしろいことに気が付きました。

内村君と山室君が親友で良きライバルであることは”知る人ぞ知る”事ですが
その前は、冨田さんと鹿島さん
そして加藤君と野々村君

やっぱりともに切磋琢磨してゆく友と言うか、ライバルって
大事ですね!!

今回の大会を見て感じましたが
演技がスローで流れるたびに
やっぱり内村選手の演技は美しいと再認識しました。
落下した鉄棒でさえ
やっぱり美しいのです。

ロンドンOPの彼の演技をフランスの解説者はこう言っていました。
「これが彼が世界中から愛される理由です」

*****************
11月4日  追記

内村選手会見
「あの技で落ちたのは初めて。(1番目の試技順は)練習でもやってない。けがの影響はない。悔しいとしかいいようがない」

女子でV3を達成した日体大主将の妹・春日(4年)は、段違い平行棒で落下したが、最終的に栄冠が転がり込んだ。「兄妹仲良く落下して、親には申し訳ない」と苦笑いを浮かべた。右肩と右足首のけがをおしての強行出場。内村にも負けるときはある。
posted by ぶるうらぐん at 23:00| Comment(0) | 体操(内村航平) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月02日

GP中国大会 真央ちゃんSP僅差で2位発進!

これからは”浅田選手”と呼ぶと言っておきながら
今日の真央ちゃんは、やっぱり真央ちゃんがしっくりきます。

昨シーズンは、TVでみているだけで彼女の苦しみが伝わってきて、
私自身も苦しくて。。。

「辞めたいと思った。。。」

やっぱり。。。

でも、今日は久しぶりのポニーテール
そして鮮やかな明るいオレンジ系の衣装
表情もとてもよくて、私までウキウキとなりました。

スコアをまだ見ていないので、詳細はわかりませんが、
今日の一番は、やっぱりステップと演技!
曲によくあっていました!!

SP結果は62.89で、2位発進
昨季の世界ジュニア女王で14歳のユリア・リプニツカヤが63.06で1位ですが、
差はわずか0.17!
初戦としてはまずまずだと思います。
特に今シーズンは出足が遅かったとの事だし。

ただ。。。
やはり気になるのはジャンプの構成。
やっぱりあと10点はほしいところですよね。
現時点で3F−3Loが無理なら、これから先、入れるのは難しいかも。。。
ならば3F−3Tで!といいたいところですが、そうもいかないのでしょうね。
フリーに入れている2A−3Tの成功率が上がれば、もう少し考えてくるかもしれませんが。
それと3Lzも厳しいようですね。

やっぱり、イメージ的に3−3と3Lzが入らないと、弱いですから。。。
まぁ、2Aの入り方をみていると、うまくいけばここに3Aを!と考えてるように思えますが。。。

はぁ〜〜〜〜
こんな事私が考えたところで、どうにもなるまいて!!

今は真央ちゃんが、演技する事を楽しみ、試合に出る事を恐れないようになることが先決です!

真央ちゃん、頑張って!!
明日のフリーが楽しみです!!
私の予想では、逆転優勝なんですけどね!(笑)

それにしてもユリア・リプニツカヤ!
期待通りの演技でした。
あの自ら名付けた”キャンドルスピン”。 
それに自信を持って跳んでくるジャンプ!
ロシアは次々と傭兵を送り出してきますね!

posted by ぶるうらぐん at 23:20| Comment(2) | フィギュアスケート(浅田真央) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月01日

内村選手、出場は団体(4種目)のみ。。。

あやや〜〜〜
今日の記者会見、右肩痛を訴えてから以降、なんとなく予感はしてましたが
全日本団体・種目別選手権は、種目別ゆかは棄権、団体総合はつり輪、平行棒を除く4種目に出場する予定とのこと。

「右肩関節不安定症」「右足首三角骨障害」ということで
完治には数か月必要なんだとか。。。

コナミの事情や、チームメイトとのつながりもあるし、完全休養は出来ないだろうけど
これくらいの”お休み”はとって当然!
これくらいは休ませてあげてほしいな。

世界選手権3連覇からオリンピックでの金(それ以外でも連覇記録は進行中!)
普通なら、モチベーションを保つのも大変です。
ましてや、あれだけ苦しんで戦ったオリンピック。
あんなに苦悩する内村選手をはじめてみましたよ。
心身の疲れは相当なものだったはずです。

年内休養!!
でもいいと思うのですがね。

それはそうと、ドイツのW杯どうするのかしらん?
12月1日だったと思うけど、出場できるの???

posted by ぶるうらぐん at 22:55| Comment(0) | 体操(内村航平) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。