2012年12月07日

「真央は跳ぶべき」元コーチのタラソワ氏 3回転半復活に太鼓判

「真央は跳ぶべき」元コーチのタラソワ氏 3回転半復活に太鼓判
スポニチアネックス 12月7日(金)8時57分配信

08〜09年シーズンから2季、浅田真央(22=中京大)のコーチを務め、今季はフリー「白鳥の湖」の振り付けを担当したフィギュアスケート界の重鎮、タチアナ・タラソワ氏(65=ロシア)が、7日開幕のGPファイナルを前にスポニチ本紙のインタビューに応じた。直接指導する立場を離れても、浅田への思いは不変。かつての愛弟子の活躍に、笑みを浮かべながら口を開いた。

 タラソワ氏 マオはフィギュア選手として、とても素晴らしい。多くのことができる珍しい存在。違う性質のプログラムでも、とても上手に演技できている。私は彼女が復活しつつあると思う。自分を取り戻しつつあるので、どんな大会でも表彰台で彼女を見られるでしょう。

 07〜08年シーズンのSP「バイオリンと管弦楽のファンタジア」以降、毎シーズン、SPかフリーで浅田の振り付けを手がけてきた。今季のフリー「白鳥の湖」も同氏によるものだ。

 タラソワ氏 彼女といつも仕事ができて私は幸せ。私はロシアの偉大な作曲家チャイコフスキーのこの曲が大好き。私たちにはいくつかの方向性があったが、マオが選んだ。この音楽は彼女に合っている。

 浅田のコーチを務めた10年バンクーバー五輪ではSP、フリーで計3度のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)の挑戦を後押しし、見事に成功させた。今季は封印している大技だが、今後の解禁に期待を寄せた。

 タラソワ氏 マオが完全に復調すれば、トリプルアクセルを跳ぶでしょう。長年にわたって、自分の武器にしてきた。1、2年跳ばないことはよく起こることだが、もちろん、私は跳ぶべきだと思っている。

 ソチ五輪まで1年2カ月。来季も浅田の振り付けを手がけるのか。フィギュア界の重鎮は明言しなかったものの、浅田へのあふれる愛でインタビューを締めくくった。

 タラソワ氏 まだ来季についての話はないが、オファーが出されたら考える。今言えるのは、私はマオの熱狂的なサポーターであり、ファンであるということ。マオは私の中に、心の中にいつもいます。


**********************
なんか。。。
嬉しいですね。
他国のコーチのここまで愛されて。

いろいろ批判もあったけれど
今の浅田真央を作った人は、
人々を感動させ魅了するスケータへの道へと導いた人は
やはり誰が何と言おうと、彼女だと私は思います。

恩師タラソワさんの前で、最高の「白鳥」を舞ってくださいね!!


posted by ぶるうらぐん at 10:14| Comment(2) | フィギュアスケート(浅田真央) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

真央、V予行演習!五輪本番リンク改善「すごく良かった」…

真央、V予行演習!五輪本番リンク改善「すごく良かった」…フィギュア
スポーツ報知 12月7日(金)7時4分配信

 【ソチ(ロシア)6日】14年ソチ五輪テスト大会を兼ねたフィギュアスケートのGPファイナルは7日、当地の「アイスブルク・パレス」で開幕する。6日は同所で公式練習が行われ、4季ぶり3度目の優勝を目指す女子の浅田真央(22)=中京大=が初滑り。前日、日本代表勢に不評だった五輪リンクに「すごく良かった」と好感触を得た。

 真央は制限時間の40分間、リンクいっぱいを滑った。体がほてり、途中で長袖シャツを脱いで上半身キャミソール1枚になった。桃色に染まったほおと笑顔は手応えの証し。五輪本番で使うリンクに「すごく良かった!」と二重丸をつけた。

 ダブルアクセル(2回転半)―3回転トーループの2連続ジャンプを2度決めるなど、課題のジャンプに手応えをつかんだ。青と白を基調とした会場「氷の宮殿」も「すごくきれい」と気に入り、「何でも合いそう」と五輪本番で着る衣装のイメージをふくらませた。

 氷の状態が改善されたのも大きい。前日は氷が解けてリンクの端に水が薄く張るほど軟らかく、高橋ら選手から「滑りにくい」と不評だった。この日は氷が解けないように温度を下げたせいで、氷面が硬くなった。

 11月のNHK杯は内容に不満を残した。「失敗を繰り返さない」と練習で自身を追い込み、出発前に腰を痛めた。3回転半は控える方向だが、「ケアをしてもらったので大丈夫。夜もぐっすり寝たし、疲れも全然ない」と不安は否定した。

 7日のSPからは、銀メダルを獲得した10年バンクーバー五輪で師事したタチアナ・タラソワ氏が来場する。「久しぶりに会うので楽しみ。いい演技をお見せしたい」と恩師の母国で成長した姿を披露する決意だ。

 9日は母・匡子さん(享年48歳)の一周忌。関係者によれば、形見などは身につけていないという。訃報を受けて棄権した舞台に向け「(昨季のことは)特に意識はしない。ファイナルも一つひとつの試合の気持ちでやっている」。自分と恩師、そして天国の母に胸を張れる演技を、ソチの五輪リンクで見せる。


**********************
いよいよGPファイナル、女子ショートの日。
なんだかね。
久しぶりに私の胸も高鳴ります。
きっと大丈夫!

やってきたこと
思いっきり発揮しちゃってください!!

.
posted by ぶるうらぐん at 09:05| Comment(0) | フィギュアスケート(浅田真央) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。