2012年07月31日

体操男子団体 悔しい銀!

こんなに心臓に悪い思いをしたのは初めて。。。。。

ただのTV観戦者の私でさえ「日本 4位?!」には驚いた
愕然とした
「うそっ!」

その後、判定が覆り2位となり、辛くも「銀」を死守したものの
団体メンバー全員、複雑な思いだったでしょう。

競技中の仲間の怪我
確実に得点を積み重ね、少しずつ少しずつ差を広げていく中国
焦りは演技に微妙な影を落とし、思っているほど点が伸びない
そして。。。
あの、あん馬。。。。。

どうしても欲しかった団体金!!

世界選手権で個人総合3連覇を成し遂げても
「達成感がない」と
あくまでも団体金にこだわり続けた内村選手。
その思いがあまりに強すぎ、彼にとってのオリンピックは、特別になりすぎたようです。

ミスを犯さない
高難度な技に美しいフォーム、美しい着地!
彼の持ち味が、どの種目も隅々まで行き届きませんでした。

それでも、あのあん馬で崩れながらも落下せず着地に持ち込んだのは
さすがだと思います!!
「彼のプライド」だと、刈谷だったか?そんな名前の解説者が言っていました。

銀は悔しいだろうけど、これがオリンピック!
若さと勢い、怖いもの知らずで挑んだ北京。
怖さを学んだロンドン。
オリンピックで戦う選手が通らなければならない道のようです。

さあ!
もう終わったことは忘れよう!
個人総合、そして種目別に出る選手の皆さん
今度こそ、自分に負けず、雰囲気にのまれず
自分の演技に集中して、頑張ってください!

期待もしてるし、もちろん応援もしてますよ!!!
posted by ぶるうらぐん at 23:17| Comment(0) | 体操(内村航平) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。