2012年08月04日

プライドを捨て、勝ちに行った体操王者!

007.jpg 【世界一のドヤ顔】(笑)

全てが素晴らしい!!

もう、この一言では言い表せない、これ以上の言葉もない完璧な体操!
日本男子体操が理想とする体操!
美しく、そして高難度の技を軽々と決めてしまう心身の強さ!

他国の選手、コーチ陣に「日本語が話せるなら、君は史上最高の体操選手だと言ってあげたい」「彼の演技には欠点がない」と言わしめた演技。

しかし、本人にとっては100点満点ではありませんでした。

平行棒で1つの技の何度をちょっと下げ
鉄棒で、安全圏をとり、最後の離れ業を抜き

最も得意とする床で、まさかの手をつく失敗
本来ならすべての着地がビシッと決まるのに、そこも1,2回程トントンといってしまいました。
点数も15.100と、彼にしては低い点数。

彼としては、7〜8割の実力しか出せていないのです。
それでも、多彩な高難度の技が、ここかしこにちりばめられているのです。

そして2位以下を寄せ付けず優勝!!!

感動で眠気も吹っ飛びました!

一緒に戦った田中選手は、惜しくもメダルを逃しましたが、彼の演技も本当に美しかった!!!
素晴らしかったです!!
種目別の平行棒では、是非金メダルを取ってください!

内村選手も、床は強敵ぞろいです!
今度こそ自分の実力通りの技の難度、そしてあなたがあなたである証”着地”を
ビシッと決めて下さい!!
結果はそこについてきます!

【追記】
       内村選手     田中選手
ゆ か   15.100   14.066
あん馬   15.066   13.433
吊り輪   15.333   15.200
跳 馬   16.266   15.333
平行棒   15.325   15.500
鉄 棒   15.600   15.575

      92.690   89.407

posted by ぶるうらぐん at 11:24| Comment(0) | 体操(内村航平) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。