2012年10月21日

GP アメリカ大会 男子シングル SP

びっくりしたぁ〜〜
すんごい点数出て!

確かに見応えのある羽入君の演技でした。
冒頭の4回転!
自然の流れの中で、みごとに決まった素晴らしいジャンプ。
昨年から、もうほぼ出来上がっていたので、「仕上がってきたなぁ」と感心はしたものの。。。

私がびっくりしたのは、3Aなんです!
あんな入り方で3Aを跳ぶ人、初めてみました!
難しい入り方、綺麗に回転し、流れのある着地!
完璧です!
なんとまぁ! 若いっておそろしい!!
点数出て、またまたびっくり!
採点法が変わったとはいえ、95.07はすごい点数ですね!

2位発進は小塚君。
彼の演技も良かったですよね!
4回転の着地がちょっと危なっかしかったけど、其の他は綺麗にまとめました。
彼らしい丁寧できれいな演技でした。

点数こそ羽生君に10点近く離されましたが、
スケーティングやスピンの技術は、小塚君が上かな   と。

見栄えのする演技はやはり得ですね!

でも、私は今のままでいいと思うんです。
自分にないものに魅かれる気持ちはわかりますが、
自分の武器を磨いて、確実な演技をする!
私は、それがいつか光を浴びることもあると思うのですよ。

今の採点法では、演技力、魅力的な演技をしないと不利だとは思います。
表彰台の真ん中は、なかなか手が届かないかもしれません。
でも、チャンスは必ず訪れます。

自分を信じて、自分らしい「小塚のスケート」を極めてほしいと思います。

羽生君は、このままその才能を伸ばして行ってほしいです。
まだまだ17歳。
末恐ろしい子ですが、これからです!
これからが大事だと思うんです。

オーサーコーチはあまり好きなコーチではないけれど、
しっかり指導してあげてほしいと思います。


posted by ぶるうらぐん at 22:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。