2012年12月07日

真央、V予行演習!五輪本番リンク改善「すごく良かった」…

真央、V予行演習!五輪本番リンク改善「すごく良かった」…フィギュア
スポーツ報知 12月7日(金)7時4分配信

 【ソチ(ロシア)6日】14年ソチ五輪テスト大会を兼ねたフィギュアスケートのGPファイナルは7日、当地の「アイスブルク・パレス」で開幕する。6日は同所で公式練習が行われ、4季ぶり3度目の優勝を目指す女子の浅田真央(22)=中京大=が初滑り。前日、日本代表勢に不評だった五輪リンクに「すごく良かった」と好感触を得た。

 真央は制限時間の40分間、リンクいっぱいを滑った。体がほてり、途中で長袖シャツを脱いで上半身キャミソール1枚になった。桃色に染まったほおと笑顔は手応えの証し。五輪本番で使うリンクに「すごく良かった!」と二重丸をつけた。

 ダブルアクセル(2回転半)―3回転トーループの2連続ジャンプを2度決めるなど、課題のジャンプに手応えをつかんだ。青と白を基調とした会場「氷の宮殿」も「すごくきれい」と気に入り、「何でも合いそう」と五輪本番で着る衣装のイメージをふくらませた。

 氷の状態が改善されたのも大きい。前日は氷が解けてリンクの端に水が薄く張るほど軟らかく、高橋ら選手から「滑りにくい」と不評だった。この日は氷が解けないように温度を下げたせいで、氷面が硬くなった。

 11月のNHK杯は内容に不満を残した。「失敗を繰り返さない」と練習で自身を追い込み、出発前に腰を痛めた。3回転半は控える方向だが、「ケアをしてもらったので大丈夫。夜もぐっすり寝たし、疲れも全然ない」と不安は否定した。

 7日のSPからは、銀メダルを獲得した10年バンクーバー五輪で師事したタチアナ・タラソワ氏が来場する。「久しぶりに会うので楽しみ。いい演技をお見せしたい」と恩師の母国で成長した姿を披露する決意だ。

 9日は母・匡子さん(享年48歳)の一周忌。関係者によれば、形見などは身につけていないという。訃報を受けて棄権した舞台に向け「(昨季のことは)特に意識はしない。ファイナルも一つひとつの試合の気持ちでやっている」。自分と恩師、そして天国の母に胸を張れる演技を、ソチの五輪リンクで見せる。


**********************
いよいよGPファイナル、女子ショートの日。
なんだかね。
久しぶりに私の胸も高鳴ります。
きっと大丈夫!

やってきたこと
思いっきり発揮しちゃってください!!

.
posted by ぶるうらぐん at 09:05| Comment(0) | フィギュアスケート(浅田真央) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。