2012年03月30日

痛恨の転倒!(>_<)

「悔いのないSP」

それには本人自身、ほど遠い結果となってしまった事を痛感していると思います。

真央ちゃんの3Aへの想いは、誰もが周知のこと
その失敗には、私はもちろんファンは寛大でしたが。。。

今回の失敗は痛い!
2Aにしていれば、全体的な完成度までがもっと上がったはずで
おそらく1位のレオノワと僅差(どちらが上にしても)であったはず。

佐藤コーチの胸の内を思うと
関係ない私までも気の毒に思ってしまう。。。(苦笑)

あの状況。。。
四大陸の時とは違う状況で3Aの選択
フランス入りしてから、まったく手応えを感じられないままの挑戦

「回転不足になるかもしれない」
ぐらいの調子であれば、その後の演技の流れを止めることもなく
ある程度の点を稼げたかもしれない
ソチへのステップとして、私も「これは仕方ない」と思えたのですが。。。
「やるしかない」
「自分のやりたいことを」
とは言ったものの。。。

その後の「演技に支障をきたさない」
これが大前提だっただけに。。。
まぁ〜、それでも2A失敗の転倒付きであそこまで持ちこたえたのは
ある意味凄いのだけど

スコアをみても、やはり小さな取りこぼしがぽつぽつと。。。
上位2名のパーフェクトな演技を見て
特にOPや世界選手権では、パーフェクトでなければ勝てない!!
あらためて感じました。

SP後のインタビューで
「悔いが残る。満足してない」
と発言していましたが
どう悔いが残り、どう満足していないのか。。。

どう反省したかによって、フリーの演技が左右されるような気がします。

この調子の中、あくまでも3Aに拘るのか
それとも、5種類の3回転を含む他のエレメンツの完成度を安定させるのか
(着氷後の流れの問題もなかなか解決できてない事も、とても気になります。)

幸いフリーまで2日あります。
世界で戦うアスリートであるなら、
考え、気持ちを整理するには十分だと思います。

今度は「悔いの残らない演技」となる選択をしてほしいと思います。
自信を持って挑まなければ
大舞台では成功しない!
このことを、あらためて痛感したSP

エレノワ選手・村上選手、上位2名のSPは素晴らしかった!!
パーフェクトの演技は、観ている方も気持ちがいい!!

真央ちゃんも、もう子供じゃない。
自分の演技が自分だけのものではないこと
ここまで来るには、沢山の関係者の尽力があること
そういうことも、冷静にきちんと気持ちを整理することも大切だと思います。

posted by ぶるうらぐん at 11:13| Comment(0) | フィギュアスケート(浅田真央) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月29日

あと5時間ほどで女子SP 跳べ!

公式練習の様子をネットで拝見

真央ちゃん3Aは微妙。。。
3−3はバッチリらしいのだけど、入れるのはフリーのみとのこと

ん〜〜〜〜

いつもなら、ここで私も不安になって
「大丈夫かな?」なんて心配したものですが

今は「やりたいようにやればいいやん!」

だって、所詮人間が人間の判定をする競技
偉そうにいったところで、主観が入るのは仕方ないこと
速さを競うものでも、高さを競うものでも、距離を競うものでもない
そこには、正確な計器などはない。
こんな競技に厳密な公平性なんて存在しない!

そう、最初から無理なんですよね。

悔いの無いよう、思いっきり演技する
今の真央ちゃんなら、一つの失敗に臆することなく
それが出来るはず

TV放送は9時から。
真央ちゃんは19番滑走で登場。

28日の滑走順抽選後、「(トリプルアクセルは)入れる予定。(ダブルアクセルは)考えていない」と話し、挑戦を明言したらしいし

もう、やるっきゃない!
でしょ。

頑張れっ!!

posted by ぶるうらぐん at 12:46| Comment(0) | フィギュアスケート(浅田真央) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月15日

浅田真央のレベルアップ

3Lzの認定を受けて
これが今後も続くことを祈りつつ
欲張りな私の見つめる先は。。。

以前一度触れた、アイスショーでの3F+3Loの連続ジャンプ。

アイスショーでの高難度のジャンプ。
意図あっての事と思うのは当然ですよね。
きっと時期を見計らって3F+3Loを試合で使う。。。

浅田真央が宣言していた、「レベルアップ」
私の予想がまた当たった!!
3ルッツと3−3コンビの復活! そして3A

私は、彼女の目指してるところはここだ!と信じてきました。

ただ予想以上だったのが、セカンドに3Loを入れるかもしれないこと。
これは、かなりすごい事だし
最近のジャッジの厳しさを考えると、「ほんとに大丈夫?」と言いたいところ。

今2A+3Tのコンビを入れているので、てっきり3Tだと思っていたのに。

最初のジャンプの後、着地した足ですかさずジャンプする3Lo
とても難しいし、
ん〜〜〜〜っ、ファンとしては何も言わず応援するべきなのだろうけど
親心というか、心配で、「そこまでしなくても」
などと言ってしまいたくなります。

ソチオリンピックのSPのジャンプ構成が
3Lz
3F+3Lo
3A

なんてことになったら!!
きゃ〜〜〜っ!(*o*)

やっぱりそんな無理しなくてもいいですよね。
今の浅田真央なら。
3Loを3Tにしたって、3Aを2Aにしたって!
でもやっぱり3Lzは欲しい。。。。ですよね!

でも、これを忘れてはいけない気がします。
今季の彼女を見ていて、一番レベルアップしたことは、一つの失敗に囚われない強さを身に着けたこと。
「自信」
たとえ完璧な演技が出来なくても、あの穏やかな表情はそこから来ている気がします。




posted by ぶるうらぐん at 12:54| Comment(0) | フィギュアスケート(浅田真央) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月13日

四大陸 浅田真央フリー

真央06.jpg

結果は惜しくも2位
ワグナーの完ぺきな演技にやられました。
素晴らしい演技でした。
仕方ありませんね。

でも収穫はありましたよね。
真央ちゃんも3Aの手応えばかり口にしていたけれど
私的には、3Lzにやっとeマークがつかなかった事も
それと同等に嬉しいです!!!

元々ロングエッジがついてなかった頃は
得意なジャンプの一つであり
いつも+評価を受けていたジャンプ。
それが、やっと戻りつつある!

スコアはこちら
http://www.isuresults.com/results/fc2012/fc2012_Ladies_FS_Scores.pdf

これをみると、ジャンプの完成度がやはり低いか。。。

それに、ステップが。。。
これは標高1800mという過酷な環境も影響してるかもしれません。
演技後、あんなに息を切らした真央ちゃんを、あまり見たことがありません。

佳菜子ちゃんにいたっては、痛々しいほどの疲れようでした。

とにかく、男子も女子もお疲れ様でした。
ニースに向けて、まずは疲れをとって
今回の課題クリアに励んで、それぞれの目標に向かって頑張ってください!!

posted by ぶるうらぐん at 23:20| Comment(2) | フィギュアスケート(浅田真央) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月14日

待ってました! 真央の3−3コンビ!!

【スポニチ】
フィギュアスケートの世界選手権(3月・フランス)女子代表の浅田真央(中京大)が14日、東京・国立代々木競技場でのアイスショー「スターズ・オン・アイス」に出演し、高難度の3回転フリップ―3回転ループの2連続ジャンプを披露して大きな拍手を浴びた。

 浅田は大トリでホルストの曲「木星」に乗って滑り「祈りと希望がテーマ。今の気持ちをお客さんに伝えようと滑った」とコメント。世界選手権の目標にトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)の成功を掲げた。

-----------

待ってました!待ってました!!
やっと出ました!

最近ずっと思い続けてたんです。
ソチで勝つには、SPで3ルッツ、3−3コンビは不可欠だと。

審判のジャッジもなく、ましてや国際試合でもない場所なので
回転とか、いろいろと思うところはありますが
公衆の面前で、3回転フリップ―3回転ループの2連続ジャンプを”跳んだという事実”は
凄い事だと思います。

いやいや、私の予想より早い登場だったので、
驚くやら嬉しいやら \(^o^)/

お母様の事
エッセイの販売中止など
真央ちゃんの周囲では、最近あまり明るい話題がなかっただけに
ほんとうに嬉しい!!

四大陸で披露されるかは疑問ですが
とにかく楽しみです。

昨年と同じ過ちのないよう、体に気を付けて
がんばって!!

posted by ぶるうらぐん at 23:21| Comment(0) | フィギュアスケート(浅田真央) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月26日

浅田真央。。。愛の夢

07.jpg

08.jpg


なぜ2シーズンに亘ってこのプログラムにこだわったのか
その本当の理由が分かった気がします。

お母さんのための「愛の夢」
だったんですよね。 きっと。。。

フィニッシュと同時に見せたあの表情
涙が止まりませんでした

彼女は、なぜこう人を感動させる事が出来るのでしょう

いつも一生懸命だから
彼女はどんな困難にも負けず
やると決めたことはやり通す
その一途さと、清らかさと、美しさ

それに感動してしまうんです。

本当に素晴らしかった!!

それに、この状況であんな演技ができるなんて!!
凄いです!
強いです!

お母様の匡子さんは「あの子はコツコツ努力家で、天才ではない」とおっしゃってますが、
普通の子には、あそこまでの努力が出来ないのです。
それに。。。あそこまでの結果も出せないのです。

普通の娘を持つ私だからわかります。

『努力ができる。持続できる。ものにするまで諦めない。そして結果を出す。』

これができる人は、「普通」ではないのです。
だから、天才なのです!!


06.jpg

優勝おめでとう!!

他の選手には悪いと思いますが
でも、やっぱり、浅田真央には真ん中の一番高い場所が似合う。

ただ、スケーティングが上手、ジャンプが上手、何々が上手。。。
そんなものではない
言葉では表せない存在感。。。

本当におめでとう!!



posted by ぶるうらぐん at 13:53| Comment(0) | フィギュアスケート(浅田真央) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月24日

全日本 女子シングル SP

やはり心配だったのが浅田真央。。。
インタビューで気丈にふるまってはいるものの
母親を亡くすという事は
簡単に割り切れるはずはない。。。
それに、練習も不足しているはずだし。。。




きりっと引き締まった顔
でも
やはり疲れが見え隠れする。。。
やっぱりやせ過ぎである。

SPは予想通り、2A。
でも、本当に美しいジャンプで、まずホッとしました。
スケートも良く滑っていて
全体的に落ち着きのある、そして動きのいい出来だったと思います。

結果は。。。
1位 村上選手 65.56
2位 浅田選手 65.40
3位 鈴木選手 59.60

確かにジャンプの構成点は劣るけれど
それでも、スケート・演技の質がよかった!!
私の超個人的な感想からすれば
一番良かった!!
あはっ(*^^*)

それに、鈴木選手も。。。
ミスはあったものの、彼女もそれ以外がすごくよかった!!
もう少し点があってもよかったのでは?
こればっかりは、ジャッジが出したのだから仕方ありませんが、
なんだかね。
よくわかりませんわ。

そうそう
ジュニア世代が、よく頑張ってますね!
スピード感とか、スケーティングそのものは、まだまだお姉さんたちに敵いませんが
ほんとうに頑張ってるなぁ〜〜
と感心しました。



明日のフリーの演技
楽しみです!!

posted by ぶるうらぐん at 23:47| Comment(0) | フィギュアスケート(浅田真央) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月12日

母親の気持ち。。。

真央ちゃんのお母様がお亡くなりになりました。
心よりご冥福を祈ります。

昨夜、ある番組で真央ちゃん母娘の関係を伝える番組を見ました。
本当に二人三脚で、いろんな苦難を乗り越えてこられたんですね。

そして、周りの人たちへの感謝の気持ちを、いつも大切にするよう教え続けてこられた姿

真央ちゃんが、何歳になっても、純粋で偽りのない笑顔を持つ続けられる理由
そして、どんなことがあっても、決して言い訳をしない強さと素直さ

それが分かったような気がします。
そういう娘に育て上げてこられたんですね



どれほど
どれほど、無念だったことでしょう。

やっと
やっとこれから、”新しい浅田真央”、”強い真央”として復活する!!
その第一歩となるはずだった、グランプリファイナル
苦しい2年間を、やっとの思いで乗り越え、つかんだ切符!!

その日に。。。

同じ母親として、
胸の詰まる思いです。。。

今の真央ちゃんの心情は、私には計り知れません。

でも、リンクに戻って来る日を、私は信じています。

二人で叶えるはずだった夢
それを、これからは一人で、
周りの方々の力を借りて
必ず叶えてみせるという強い意志を持って

彼女は、きっと戻って来る。
posted by ぶるうらぐん at 10:12| Comment(3) | フィギュアスケート(浅田真央) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月09日

真央ちゃんが帰国?!

今日の夕方、ショッキングなニュースが流れました。
『浅田真央、急遽帰国!!』

え〜〜っ? ええ〜〜〜っ?!

つい昨日、現地で順調に調整してると聞いたばかりなのに。。。

お母様のご容態が急変されたとか。

真央ちゃんのお母さんなら、私と歳もたいしてかわらないはず
何とか持ちこたえて、お元気になられるといいのですが。。。

真央ちゃんも
本当にいろんなことを抱えて頑張ってきたんですね。
闘病中のお母さんに見せたかったんでしょうね

”復活した、本当に強い浅田真央の姿”を。

それにしても、やはりファイナルに真央ちゃんの姿がないのは寂しいし、とても残念。
楽しみにしてたから。。。

でも、浅田真央の試合はこれから何度だってみられる!
今は、お母様のことを祈りましょう。
posted by ぶるうらぐん at 23:44| Comment(0) | フィギュアスケート(浅田真央) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月27日

佐藤信夫コーチ。。。

今日の朝刊に、真央ちゃんの優勝を伝える大きな記事!
その中に、佐藤コーチの言葉をみつけました。

「跳ぶ時が来たら(3Aを)、本人が嫌だと言っても跳ばせる」

なるほど!
今更ながら、佐藤コーチの思惑が分かった気がしました。

3Aだけではなく、
浅田真央の今の実力をしっかりと評価してもらうために
3Aを封印させているのだと。。。

目で見てはっきりとわかるあのスピード感
(浅田真央はトロいなんて、もう言わせません!)
スピン・ステップでのレベル4獲得
全体的に安定し、総合力がかなりUPしてきてます。

それが、ロシア大会のフリーの結果にはっきりと出ましたね。
3Aなし、ジャンプで3回ミス。。。
それで優勝しちゃったんですから。

次は、ジャンプを安定させなければ。
あれだけスピードがUPすると、
以前のままのタイミングでは跳べません。
慣れるまでに、かなりの練習が必要になるでしょう。

欲を言うなら、
次の試合、GPファイナルのフリーでだけでも、3A1回、入れてほしい
それまでに、調整がつくといいのですが。。。

まだまだ14歳やら、15歳の子に負けてほしくないです!

信夫コーチ!
頼みましたよ!!!


posted by ぶるうらぐん at 23:32| Comment(6) | フィギュアスケート(浅田真央) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月26日

ロシア杯の浅田真央

GP ロシア杯の真央ちゃんを振り返って思う事。。。

この大会を見るまで、
「だんだん歳を重ねれば、体も無理が利かなくなるし
大きな怪我へ繋がってしまうかもしれない。
勝つための戦略を考える上でも、3Aは慎重に跳ぶ機会を選んだ方がいい」

そう思っていました。

ショートの「シェヘラザード」無難にまとめて、それなりの点も稼ぎました。
フリーの「愛の夢」も、ジャンプに数回乱れがあり点数は伸びなかったものの、昨年から取り組んできた事の甲斐あって、1位を死守できました。

でも。。。
何かが足らないんです。

やっぱり、浅田真央の代名詞『トリプルアクセル』は伊達にこだわってきた技ではないようです。
彼女の演技の”要”になってるような気がするのです。
以前のように、3Aが決まらないと言って、優勝しても泣くということはないものの
久しぶりの一番高い表彰台も、心からの喜びは感じられませんでした。

NHK杯では、フリーで自ら封印したのは仕方がないとしても
このロシア杯では決めたかったにちがいありません。

真央ちゃん
ファイナルでは絶対に挑戦しよう!
そして一発は絶対に決めよう!!
3Aは、真央ちゃんにとって不可欠なものなんだよね。

でも
やっぱりファンとしては、この優勝はうれしいよ!!
ほんとうにおめでとう!!

それにしても、ソトニコワ選手、いい選手ですね。

まだまだ未完成だけど、とても美しい!!
浅田真央という選手がいなければ、多分ファンになっていたんじゃないかな?
ソチは大変なことになりそう。。。
posted by ぶるうらぐん at 23:06| Comment(4) | フィギュアスケート(浅田真央) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月15日

今季、初戦の浅田真央を振り返って。。。

真央04.jpg

今回、真央ちゃんの成長ぶりは、
「本当に成長したな」
と思えるほどのものでした。

ショートの3Aを除き、大きなミスなくまとめた事も、もちろん評価すべきことですが
何より、スケーティングを基礎から学び、やり直した事で、
あのスピード感、そして全体的な安定感がぐんと増し、
過去に3Aに集中していたジャンプを、徹底的に修正し
フリーの「愛の夢」では、5種類の3回転ジャンプを跳んだこと!!

これは、決して簡単な事ではありません。

そして、それによって生み出された、自信!
それが甦りました!!

3ルッツには不正エッジマークがつけられたものの、着氷はきれいでしたし、練習ではもうアウトエッジで跳べているのだとか。
3サルコウも成功。2アクセルのあとにつけた3トウループも回りきれました。2個目のジャンプで3回転が成功したのも、本当に久しぶりの事。

ジャンプ、スケーティング、表現力、そしてスピード!!
このバランスのとれたプログラムこそ、新しい浅田真央なんです!!

去年の惨敗を通して、辛抱強くやってきたことが、ようやく花開いてきたようです。

あとは、3A!!
そして、欲を言えば3−3のコンビネーション!!

お〜〜〜〜っ!
これって、男子で戦えるじゃないですか!!

すごい、すごい!!
これからですよ!
これからが、浅田真央の本当の進化が始まるんです!!

真央05.jpg
posted by ぶるうらぐん at 22:50| Comment(0) | フィギュアスケート(浅田真央) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浅田真央の「シェヘラザード」

真央03.jpg


「シェヘラザード」といえば、記憶に新しいのは、
キム・ヨナ選手、安藤選手の情感たっぷりの演技。

だから。。。
最初あの衣装を見た時、「んっ?」
と思いました。
それにSPの内容を説明する時、
「お姫様」とか「アジアンティック」とか
???
何か、違う

そして、その振付は。。。
不思議!
そして、なんだか。。。ステキ!
これ、いい!
やっぱり、タチアナの振付は独創的!
と思ったんです。

真央02.jpg

でもでも、やっぱり気になって調べました。

そうすると。。。
バレエにあったんですよ。 「シェヘラザード」という演目が!
衣装と言い、振付と言い
「これかっ!」
と思いました。
http://www.youtube.com/watch?v=1AJt2V_62Oc

いつもいつも思うのですが、
とにかく、この演技の完成形がみたい!
これは。。。やっぱり3Aで決めてほしい!


posted by ぶるうらぐん at 00:11| Comment(2) | フィギュアスケート(浅田真央) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月12日

真央ちゃん、惜しくも2位!

まずは、鈴木選手、優勝おめでとうございます!
後半のジャンプミスは残念でしたが
とてもよくまとめあげ、逃げ切った!
素晴らしいです。

そして、真央ちゃん!
3Aを回避してのフリー。
今日も驚きました。 そしてホッとしました。
状況を判断して、今できることでベストを尽くす!
立派でした。

演技内容は。。。
「愛の夢」の表現は、抜群!
ジャンプ以外は、初戦ということで、本当に丁寧に落ち着いて出来ていたと思います。

ただ、ジャンプでの小さなミスが、2位で終わった結果に繋がってしまいましたね。
3Lzには、まだeがついてるし
3F+2Lo+2Loは、最初と最後がUR判定。。。

それに、とにかくGOEが低い!
まだまだ完成度が低いとの判定なんですね。

でも、真央ちゃん、終了後のインタビューにこう答えてました。

「まだ今後どうなるか分からないんですけど、初戦でいつもの出遅れではなくて、自分のできることを出せたと思うので、この演技ができたということは後半もっと伸びると思っています」

ロシアでは、もっともっと素敵な演技期待してます。
そして、今季こそファイナル出よう!!
それから。。。3A決めちゃえ!!

そうそう、忘れてならないのが男子の高橋選手!
凄かった。
私、今日の演技が一番良かったような気がしてます。
というか、私好みかな?
曲に溶け込んで、演技の流れの中にジャンプが自然と入ってて。。。
力みのない演技

こういうの、私好きです。
posted by ぶるうらぐん at 22:38| Comment(8) | フィギュアスケート(浅田真央) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月10日

「今季は。。。きれいなスケーターになりたい」

「今季は。。。きれいなスケーターになりたい」|日本経済新聞

本記事の中から、気になった部分を抜粋しました。


−記事その@−−−
■今季の課題はスピード

信夫先生には、スケーティングから教わりました。肩が上下運動しないこと、これがジャンプまですべてにつながると…。
先生から言われている今期の課題はスピード。「スピードに勝る魅力はない」と話してくれています。

>課題のスピードを上げるためにも、スケーティングを磨くのは必須!!
HNKの番組で高橋選手が「小塚選手のスケーティングはうらやましいほど上手い!」と絶賛して いました。(その小塚選手が今季掲げるのは、高橋選手の得意とする音楽の表現!おもしろいです ね)
真央ちゃんも、信夫先生の元、このスケーティングが少しでも身に付けば、もっとうつくしい演技、そして技術面のレベルUPにつながるでしょうね。  頑張って!!!

−記事そのA−−−
■昨季の教訓を肝に銘じて
「成果や失敗を忘れない」ということも、練習の仕方も…。(昨季は)同じ失敗を何回かしました。間違えたり、失敗することは「成功への道」でもあるんですけど、何度も同じ過ちを繰り返してはいけません。
そうならないように今季はあらかじめ、プログラムの構成を決めます。昨季は試合当日にトリプルアクセルを跳ぶか、跳ばないかを決めていましたけれど、今季はシーズン前に先生としっかり話し合って決めて、練習からそれで通すつもりです。

>よかった!! 昨シーズンの最後に私が危惧していたこと。。。さすが信夫先生!!!
不安定なままの一発勝負はもう限界にきていると思ってたので。
年齢的にも。。。
何もかもがうまく周っているようで、ほっとしました(^^)

−記事そのB−−−
■スケートと同じくらい踊るのも好き
踊ることの楽しさを思い出すようにしてます。曲の中でダンスをしているイメージ。そうするとあまり疲れません。踊りながら、いいポジションを探して滑ると、スケートって奥深いなって思います。
。。。。。。。。。。
ショーのように「見せる」気持ちを持って滑ることもいいのかな、って思います。それは”新発見”です。

>いいんです。いいんです!
もちろん、私は今のままのどこも飾らない自然な演技、体が曲に自然に反応する動きが大好きです!でも、特に最近は「見せる」ことも大切なので、誰が見てもわかる、この曲をどう表現しているのかが伝わりやすい演技、気持ちも大事なポイントになってくるかもしれません。

−記事そのC−−−
■ローリーとタチアナ先生の組み合わせはベスト
タチアナ先生の動きは独特なんですけれど、ローリーは「こういう風に行きたいんだけどな」と自分が思っているところに、すんなり入ってくるような振付で、やりにくいところがありません。
何よりローリーが素敵です。滑りが力強くてしなやかで、そんなローリーを見るのも好きです。愛というか、すごくスケートを愛しているなっていう気持ちを感じる先生です。ローリーとタチアナ先生の組み合わせは、今の自分にとってはベストだと思います。

>ローリーには”先生”がつかないの?(笑)
確かにローリーの振付は真央ちゃんにピッタリ! 
「愛の夢」もステキだったし、私は「月の光」。。。よかったな!
タチアナの振付も対照的で、真央ちゃんが言ってるように、ベストな組み合わせだと思う。
タチアナの振付は。。。「これは浅田真央だから作れたプロでしょ?」って感じがする。

-記事そのD−−−
■楽しんでどこまでできるのか
昨季は皆さんをやきもきさせてしまって、「心配しました」という声もいただきましたから、今季はよい演技をお見せしたいですね。新しいことに挑戦するのでなく、今できることをしっかり自分のものにしたいです。
ロシアの10代の選手や、新しい選手がどんどん出てくるのは時の流れ。真央もそうだったんです。でも選手一人ひとり、個性は違います。自分は「きれいなスケーター」になりたいです。
競技なので強い気持ちや、勝ち負けを意識することもあると思います。そうした気持ちを持ちつつ、自分が楽しんでどこまでできるのか?それを突き詰めていくのが、今年の真央の挑戦かもしれません。

>なんだか。。。成長しましたね。
いろんな事、経験しましたもんね。。。
真央ちゃん、あなたは今でも十分すぎるくらい「きれいなスケーター」ですよ。
ん〜〜っ、「安定したスケーターのなりたい」という気持ちもあるのかな?
真央ちゃんの描く「きれいなスケーター」になれるよう、ずっと応援してますね!

posted by ぶるうらぐん at 00:34| Comment(2) | フィギュアスケート(浅田真央) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月08日

浅田真央 Book for Charity

ukyary777-thumb-131269157474106.jpg

やっと届きました。
今回は2回目という事で、私にも無事に回ってきたようです。

私は真央ちゃんの大ファンですが、関連書はほとんど買ったことがありませんでした。

今回は、
・本の購入という形で自分もチャリティーの一部分に携わることが出来る
・今シーズンほど辛いシーズンはなかっただろうと思った事、そして新しい「浅田真央」へのスタートの年であった事から、彼女自身の本心や、周りの方々の様子を知りたかったこと
などの理由で購入を決めました。


全部で93ページという、短い本ではありましたが、内容はとてもすばらしいものでした。
真央ちゃん自身の、スケートに対する思い。。。目標の達成だけでなく、「お客さんと一体化したい」という思いが、どんなことがあってもくじけず、諦めず、くじけそうになっても、涙を流しても自分を奮い立たせる原動力になってる事。

世間の注目を集めた「ジャンプ矯正」は、目標の単なる一部分であり、
本当の勝負は「スケーティング」
これが、真の挑戦であったこと

真央ちゃんの練習する姿を見ながら
佐藤コーチが「やっぱりうまいなぁ〜」
久美子コーチが「見とれてしまう。。。」
そうつぶやく様子

コーチをはじめ、小塚君のお父さんとの「エッジ研磨」の関係
そして、同じ目標を目指すチームメイト的存在の小塚くん。。。

今、真央ちゃんをとりまく体制が、本当に整った!!
そう感じました。

本書では、ミーハー週刊誌的なライバル構図を盛り込まれてなかった事も、私には好感がもてました。

最後に
この本の著者、吉田順さんの”人となり”が、私には感じられました。
真央ちゃんの本は、こういう方に書いてもらいたい。。。
こういう、淡々とした流れの中に、伝えるべきことをしっかりと伝える、

そう、まるで浅田真央のような
素敵な一冊でした。


posted by ぶるうらぐん at 10:08| Comment(2) | フィギュアスケート(浅田真央) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月13日

来季の浅田真央

今季の真央ちゃんのプログラム、フリーに今季と同じ、リスト作曲のピアノ曲「愛の夢」を使うこと
になったみたいですね!
本人も今季のラストには、かなり悔いが残ったのでしょう。
『最高の演技ができていない状態で、『愛の夢』を終わらせてしまうのは寂しい』と理由を語ったそうです。

私もあのまま終わらせるのには、あまりにももったいないプロだと思っていたので、よかったと思っています。

振り付けは今季と同じ、ローリー・ニコル氏が担当。
「ローリーと相談して、今季とは違った感じにしたい」のだそうです。
また、SPは曲を変更。「曲名はまだ秘密」らしのですが、「お姫様の物語で、主人公になりきって演じる内容。華やかな曲調で、曲も衣装も楽しめます」とのこと。。。

「愛の夢」ニューバージョンとお姫様かぁ〜〜〜

うふっ。
来季もとっても楽しみ!
でも、体調管理だけは気を付けてくださいね。
3Aのためだとは思うけど、痩せすぎにきをつけて!!
posted by ぶるうらぐん at 23:50| Comment(12) | フィギュアスケート(浅田真央) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月03日

「鐘」&「愛の夢」

「新 愛の夢」
四大陸で見せてくれたプログラム変更後の「愛の夢」
いろんなところで記事を読ませて頂いてますが、本当に評価が高いですね。
真央ちゃんの演技には、ただ美しいだけではなく高い格調性・芸術性、そして高い技術力が備わっていて、それに加えて内面からくる真実性というのでしょうか、透明感というのでしょうか。。。
その気はなくとも自然に感動の涙を誘う。。。何かがあるんです。
何度観ても観れば観るほど引き込まれる。
なんという選手なのでしょう!

ある方のブログで「鐘」と「新 愛の夢」をコラボさせた動画の紹介がありました。
。。。。。

これは。。。何と言っていいのか。。。
身体が震えます。
「鐘」の途中から「愛の夢」の最後まで、涙がとまりませんでした。すごい!!
その動画はこちら
http://www.youtube.com/watch?v=UloMevpyuTg

力強さと和やらかさ。 ジャンヌ・ダルクと聖母マリア。
この一見両極端にみえるプログラムの中に、“真の強さ”を感じます。

久しぶりの「鐘」。何度観ても素晴らしい!
以前“鬼の様なプログラム”と書きましたが、やっぱり”鬼の様なプログラム“でした(笑)


真央-鐘-1.jpgb0038294_204831_1.jpg
posted by ぶるうらぐん at 23:25| Comment(2) | フィギュアスケート(浅田真央) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月27日

真央ちゃんと佐藤コーチ

今年の真央ちゃんの成長振りには目を見張るものがありますが、演技後、笑顔で迎える佐藤両コーチの存在は本人にとってはもちろん、はたから見ている私にも心温まるものがあります。
そしてあの映像にホッとします。

タチアナコーチは真央ちゃんに今までの殻を破らせ、見事に「新生真央」を作り上げてくれました。
しかしながら、いつも傍にいたのはジャンナ・フォレ アシスタントコーチ。
本来ならロシアに滞在してコーチの師事を受けるのが当たり前なのだから、「練習場所は日本で」に拘る以上仕方の無い事だったと思います。
コーチ不在の試合もありました。
他の選手の傍らにはいつも専属のコーチがつき、全てをサポートしてもらっているのに、彼女だけはそういう環境になかったのです。
タチアナコーチの彼女への深い愛情は、伝え聞く話の内容や、演技を見守る時の様子をみればよくわかりますが、言葉の壁や地理的距離など、彼女が自分で選択した環境とは言え、ずっと気になっていました。

今シーズン、その環境が一変しました。
コーチが常に一緒にいてくれる。 言葉も通じ、意志の疎通もダイレクトに出来る。
そして日本人特有の粘り強さ、辛抱強さを持ったコーチ。
スケーティングをはじめとする技術面の指導もバッチリ!
おまけに、タチアナとも切れてないし、今シーズンはニコルも戻って表現力の指導はそのまま!
今までに無く、環境が整ったように思います。

というか。。。真央ちゃんの演技を完成させるには、これだけの指導者が必要ということになります。
ふう〜〜〜っ。
やはり並みの選手ではありません。 だから並みの指導者ではダメなんですね。

全日本を終えた直後の1月3日。佐藤信夫コーチの69歳の誕生日に、小塚選手と相談して肩から提げる高級バッグを贈ったそうです。「今まで、あまりにみすぼらしいカバンを提げていたからでしょうね」と佐藤コーチは照れ笑いを浮かべたとか。。。
長年教える小塚選手からも初めてのプレゼントだったらしく、真央ちゃんが促して実現したそうですよ。

これから、もっと信頼関係を深めていくのでしょうね。


b0038294_20265728.jpg

b0038294_2045942.jpg
posted by ぶるうらぐん at 23:19| Comment(2) | フィギュアスケート(浅田真央) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月26日

道程

僕の前に道はない
僕の後ろに道は出来る
ああ、自然よ
父よ
僕を一人立ちにさせた広大な父よ
僕から目を離さないで守る事をせよ
常に父の気魄を僕に充たせよ
この遠い道程のため
この遠い道程のため

あまりに有名な高村光太郎の「道程」
今シーズンの真央ちゃんを物語たったようなこの詩。

真央ちゃんの道のりはまだまだ続くのでしょうね。
全てが見方についてくれとは望まない。
ただ、これだけ直向に努力を惜しみなく続ける彼女の邪魔だけはしないでほしい。

真っ直ぐに彼女を見つめてほしい。

こんなに演技も心も美しいのだから。。。

b0038294_20201028.jpg
posted by ぶるうらぐん at 20:04| Comment(0) | フィギュアスケート(浅田真央) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。