2012年12月23日

全日本フィギュア 男子シングル

いや。。。
もう。。。
誰が勝った負けたってレベルでは話せないでしょう!

つい最近まで、女子より1歩2歩出遅れ感のあった男子シングル
今や国内の試合で、こんなに素晴らしい試合が見られるなんて。。。

高橋選手の全ての観客を引き込み、魅了する演技!
羽生選手の「日本人選手がここまで!」と驚愕するほどの2種類の4回転を含む素晴らしいジャンプ!

この二人の精神力の強さ!!
あれだけのプレッシャーの中で、本当に大変な事だと思うのですが
これを”大変な事”なんて感じていたら、あんな演技は出来ないのでしょうね。
世界選手権も楽しみです!

それとは対照的な結果となってしまった小塚選手。
ジャンプの失敗だけでなく、特にスピンはいったいどうしたの?
という印象を受けました。
顔色もあまりよくなかったし。。。
何かトラブルがあったのか
精神的なものなのか。。。
彼らしい演技ではなかったです。
こういう乱世の時代を勝ち抜くには、技術はもちろん、強い精神力が必要なんですね。

posted by ぶるうらぐん at 14:44| Comment(4) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月21日

全日本フィギュア 男子ショート

なんとレベルの高い試合!
見ている方はおもしろいけれど、
やってる本人達は、一瞬たりとも気を抜けない。。。
世界選手権並みのレベルですね!

そんな中
またまた出ました97.68!!
羽生君すごい!
GPシリーズでも95点台の高得点を2回出しているし
国内の非公式試合ということを考えると、まぁ〜出てもおかしくないのかな?とは思いますが。。。
それより驚いたのは、その精神力です。
あれだけ緊張する舞台で、あれだけの演技をする。
ただ者ではないですね。
明日のフリー、最後までちゃんと滑れるといいね!
最大の課題はスタミナだから。

その彼を追って2位につけたのは88.04点の高橋選手!
最初の4回転、私の目でも「んっ?」と思ったので、アンダーがついたのは仕方がないかなと思います。
3Lz+3Tの3Lzにロングエッジが付いてると、解説の本田さんが言っていたようですが、
彼に関して、今まで細かいスコアは気にしてなかったのですが
こんなミスした事あったのかな?
ジャンプはイマイチでしたが、それで88点を超えてくる!
さすがですね!  演技構成点が光ります!

ついで3位には小塚選手がが84.58点で追ってます。
最初の4回転は残念でしたが、今回のSPの曲、彼に合っていると思います。
ステップは世界でもTOPレベルと評価されているものの、
課題の表現力が足かせになってきました。
今回は無理せず、素直に音楽に身を任せ、自分なりの世界観で滑っている。
上半身の動きも大きくなったし、これからを期待してます。

その他、絶好調の無良選手や、
今日は思わぬアクシデントで調子がつかめなかったのか残念な結果となってしまった町田選手と
本当に日本男子のレベルはすごすぎる!

明日のフリーも本当に楽しみです!

明日は女子ショート!
浅田選手、3Aはやらないみたいですね。
とにかく全てのエレメンツを正確に、しっかりとした安定感のある滑りをしてほしいものです。

posted by ぶるうらぐん at 23:13| Comment(2) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月09日

GPファイナル 男子シングル

高橋選手、みごとな優勝でしてた!
なんか。。。
とても落ち着いていましたよね。
彼も、これまでいろんな事を乗り越えてきましたからね!

最初の4回転の失敗もなんのその!
直後には4−3をきれいに決めました!
もうこうなったら後は彼の演技に酔うだけです。

羽生君はじめ、小塚君、町田君もよくやった!
それぞれに持ち味をしっかり活かした演技内容で
それぞれにとても魅力あるものでした。

そして、羽生君の「高橋さんは、越えなければならない壁」のコメントに
尊敬と「いつか必ず越えてみせる!」という若いアスリートらしい気迫を感じ
ますます頼もしくなりました。

4人がかりで金が取れなかった
なんてことにならなくて、ほんとよかった!
posted by ぶるうらぐん at 14:40| Comment(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月26日

NHK杯 男子シングル

とにかく、今、男子の戦いはレベルが高い!!

そんな中、圧倒的に日本男子が上位を占めてしまう。
GPファイナルに出場できるのは6人。
その内4人までもが日本選手なのだから、たまりません!

それだけ世界でTOPに立っているのに
オリンピックに出場できるのは、最多で3人まで
ある意味、残酷ですね。。。

高橋選手と羽生君の戦いも凄かった!
本当に楽しませてくれた。
怖いもの知らず、才能と負けず嫌いを前面に出して突っ走る羽生君
そして、王者としての意地とプライドをかける高橋選手

本人には申し訳ないけど、見応えもあり
やっぱりおもしろかった。
こういう試合はおもしろい!!

女子は。。。
やっぱりね
彼女のファンだから言うわけじゃない
フィギュアスケートファンとして言わせてもらうと

やっぱり浅田選手ですよね!
なんだかんだ言っても、彼女は上手い!
彼女がピリッとした、爽快な、少なくともミスを最小限に抑えた演技をしてくると
試合全体がレベルUPし、緊張感からくる面白さが出てくるような気がします。
posted by ぶるうらぐん at 23:30| Comment(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月22日

GP アメリカ大会 男子シングル フリー

結果を先に言うならば
ワン・ツーどころか、表彰台を独占してしまった日本勢。

開幕第一戦というこの時期なので、どうしても仕上がりが悪く、ミスも多いとはいえ、
ジェレミー・アボット選手のあの演技は、「いったい何があったの?!」と思うほどの後半の崩れには驚きました。
演技後のあの悲痛な表情。。。

次への立て直し、健闘を祈ります!

小塚選手は、ジャンプにミスはあったものの、ステップ・スピンはよかったですね!!
なんとかまとめて、逆転優勝!
点差を気にせず、自分に集中できたことがよかったように思います。

でも、後半戦は、「ミスしたら負け」
これからもしっかり調整して、今季は笑顔で終われるよう頑張ってください!

羽生君。。。
これは通らなければならない道なのかもしれません。
ショートが良すぎると、こういうことになるケース、結構あるんですよ。
でも「次は相手が誰でも絶対に勝つ!」と明言!
相変わらずの負けず嫌いは健在で、それはいいことかもしれないのですが
やっぱり、まずはスタミナをつけることが大事なように思います。
4回転、3A。。。 ジャンプの技術はもう完璧です。
焦らず、最後まで滑りきる持久力を付け
経験を積んで、メンタル面も鍛えて、頑張ってくださいね!!

町田選手も良かったですね!!
ジャンプミス以外、ほぼ完璧な滑りが出来たのではないでしょうか。
カレの演技、私は引き込まれましたよ!

こうやってみると、本当に日本選手の層は厚いですね。
他国の選手ならラクラクと世界選手権やオリンピックに出れるだろうに。。。

頑張ってるのに。。。
少し気の毒な気がしてきました。。。

posted by ぶるうらぐん at 23:14| Comment(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月27日

GP中国杯 参加できそうかな?

中国の情勢が気になる中、「安全を条件に。。。」ということで
日本人選手を派遣する予定の日本スケ連。

この大会には、久しぶりに安藤選手も出場しますね。
コーチのゴタゴタはあったものの、あの力強いジャンプは健在かな?
とても楽しみです。

高橋選手も、最近ちょくちょくテレビでお見かけしますが
ソチに向けての意気込みも高く
調整もまずまずの様子。

浅田選手は。。。
どうなのでしょう?
この時期はあまり情報が流れないので、いろんなことが心配です
ジャンプの仕上がりが特に気になります。
フィギュアスケートはジャンプばかりではありませんが
それが一番の得点源である以上(見た目の印象も)、それを高めなくては競技選手としては意味がありません。
3ルッツ、3−3コンビが上手くいっていることを、祈ります。

posted by ぶるうらぐん at 10:28| Comment(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月23日

尖閣問題 フィギュアスケート界へ波及!!

sn2012091907_50.jpg

フィギュアスケートの浅田真央選手(21)、安藤美姫選手(24)、高橋大輔選手(26)の3選手は、11月に中国・上海で行われるグランプリファイナルシリーズに出場を予定しているが、尖閣問題の影響で、出場が見送られる可能性が出てきた。
これは18日、日本スケート連盟の橋本聖子会長が明らかにしたもの。
日中の緊張状態が続く中、橋本会長は11月の上海大会に、3選手らを派遣するかについて、「この状況だと選手は送り込めない」として、今後の状況によっては、派遣を見送る可能性を示唆した。
2014年のソチオリンピックを視野に入れた大事なシーズンだが、11月の大会を欠場した場合、グランプリファイナルへの進出が苦しくなり、メダル戦略にも狂いが出る可能性もある。
そのほか、尖閣問題が、スポーツ界にも影響が拡大している。
卓球の石川佳純選手(19)は、中国・北京に滞在中で、21日から始まるワールドカップに出場する予定だった。
しかし18日午前、中国側から「安全確保が困難だ」との通告を受け、出場を取りやめることを決定し、20日に帰国することになった。
そして、日本国内の試合にも影響が出ている。
バドミントンのヨネックス・オープン・ジャパンは、潮田玲子選手(28)の引退試合、そして、ロンドンオリンピックで銀メダルを獲得した藤井瑞希(24)・垣岩令佳(23)ペアの凱旋(がいせん)試合としても注目を集めている。
18日に開幕したものの、出場予定だった中国の22選手が突然欠場した。
藤井選手は「わたしは、自分のことに集中して、頑張りたいと思います」と語った。
しかし、中国選手のドタキャンで、急きょ、組み合わせの再抽選が行われるなど、大会運営に大きな影響が発生した。

******************************************

何とも残念なニュースです。
たしかオリンピックでも政治がらみでありましたね。。。
1980年モスクワオリンピック ボイコット!!
いったい何人の選手が涙をのんだことでしょう。

こんなことはナンセンス!!
おかしい!!

何とか情勢が落ちつき、選手が安心して競技に参加し、練習の成果を悔いなく出せるよう
関係各所は、最大限の努力をしてほしいものです。

posted by ぶるうらぐん at 13:55| Comment(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月03日

やっぱり憂鬱。。。キムヨナの復帰。。。

今朝のニュースで飛び込んできたキムヨナ復帰のニュース!
まぁ、予想はしていたものの
気分は晴れません。

彼女自身の復帰は構わないのですよ。
ただ、それによって乱されるジャッジ。。。

今の女子シングルは、基本「その日一番の演技をした選手」に栄冠が渡されています。
個人的な趣味、好き嫌いを除けば、その結果は妥当なもの。。。納得の範囲内です。
点数も拮抗していて、選手自身も納得の範囲内なのではないでしょうか。
(身びいきのせいか、浅田選手の3Aに対するジャッジは厳しすぎるとは感じてますが)

それに引き換え今の男子シングルは。。。


きっと、バンクーバーの再現となるでしょう。

ソチのジャッジに”例の人達”は確実に再任されたのでしょう。
自信満々!「ソチを現役最後の試合として、有終の美を飾る!!」
と高々に公言したそうです。

あ〜〜〜〜っ!!!
なんだか、ムカツク!
posted by ぶるうらぐん at 09:11| Comment(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月28日

コーチとして、母として 〜 織田憲子コーチ 

大阪日日新聞に掲載されたこの記事。。。
同じ母親として、「メダルを首に掛けてあげたいんですよ」の言葉に
涙が出てしまいました。
もうすぐオリンピックが開催されます。
”コーチ 兼 母親”というケースはあまりないでしょうが
この思いはみな同じでしょう。


コーチとして、母として  
織田憲子コーチ 2012年6月2日 大阪日日新聞

コーチ道を語る
 「けがの治療中のときは、まずは治そうという思いだけで何も心配してなかった。早く治る方法を思案したりしましたが、焦ったり、思い詰めるということは特になかった」。織田信成のコーチであり、母親でもある織田憲子は治療期間をこう振り返った。そして「弱気になったこともない」と口元を引き締める。「けがの原因が分かっていて、目標もはっきりしている。そこでジタバタしても何もいいことはないから」

 コーチと母親。そのスイッチの切り替えはどうしているのか。「リンクに入っているときはコーチで、あとはただの母親。小さいときから何があってもスケートのことはリンクのなかで解決してきた」。織田が7歳のころからそれは変わらない。「天才肌ではないので、努力の積み重ねでここまできた。彼は一人でも練習ができる。見えないところで大変な努力をしてきた」

 小さいころは体が硬かったという。「小学生のとき、普通にしゃがんでも後ろにひっくり返ってしまい、トレーナーの先生に怒られていたくらい。そこから柔軟をして、今の状態にもっていった」。織田コーチのコーチ術は、細やかな気配りにある。「彼はリンク上の練習のほかにジムへ行ったりバレエに行ったりしているので、週の半ばになるとどうしても疲れが見えてくる。そんなときは気持ちが変わるような言葉を掛けたり、練習内容に変化をもたせたりしている」と言う。

 さらに体調やメンタルの状態に合わせて持ち味を伸ばし、やる気を起こさせ、ゴールに導いていく。「良しあしはひと目見て分かりますから。いい状態にするために自分の気持ちを押し殺すこともある」。選手の士気を維持させるには、コーチ自身の強い精神力も必要だという。

 織田コーチが最も重視しているのは食事面。「栄養士のレシピを基に彼の妻が食事を作って、その写真を栄養士に送るということをしている。練習の量や種類に合わせて必要な栄養素は何かというような細かい管理。試合などで遠征のときは代わりにわたしが作り、どこにいても体調が整うようにしています」。すべては大きな夢のために、全力を尽くす。

 「メダルを首に掛けてあげたいんですよ」。一緒に苦楽を共にしてきた教え子、そして息子への思い。「それだけじゃないのですけどね。フィギュアスケートを通して努力することや自分に勝つこと、人としての大切なことを学んできた。それはこれからの後の人生に役に立つと思う。フィギュアスケートはわたしたちにいろいろなことを教えてくれた」と、織田コーチは感慨深そうに話した。

posted by ぶるうらぐん at 14:15| Comment(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月18日

高橋選手とモロゾフコーチ

このお二人復縁(?)されたそうですね。
そうなんだぁ〜

なんだか。。。
高橋選手すごいな。
私だったら、絶対無理!

でも、彼にとって必要だから師事することに決めたんですよね。
良い結果に繋がるよう祈ってます。
posted by ぶるうらぐん at 15:52| Comment(5) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月17日

「鐘」

今日、久しぶりにアシュケナージの「鐘」(ピアノソロ演奏)を聴きました。

聴いてて・・・・・
今までは浅田選手のあの演技が頭をよぎったりしていたのですが、
今日は、ソトニコワ選手が「鐘」を滑ったら・・・・・
なんて想像してしまったのです。

ロシア選手権でのボレロのあの演技がそれを連想させてのだと思います。
あのスピーディでキレのある演技
美しいポジション
「男前演技」と評した彼女が、あのプロを滑ったら・・・・・
鳥肌の立つ思いがしました。

浅田選手の演技も迫力があって素晴らしかったのですが
どちらかと言うと、彼女は優しく繊細で音楽に自然にのってしまう演技の方が
よりいっそう輝きが増すように思うのです。

ソトニコワ選手にはタラソワさんがしっかり付いてます。
度肝を抜く、強烈なプログラムで挑んでくるような
そんな気がしてます。。。。。
posted by ぶるうらぐん at 23:35| Comment(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月22日

忘れちゃいけない快挙!

今回の世界選手権で、忘れてはいけない選手達がいました!!
フィギュアスケート ペアで、日本に初めてメダルをもたらした
高橋成美&マーヴィン・トラン組

471259_c450.jpg 20120421-00000000-maiph-000-0-view.jpg

演技の最中は、柔軟性を活かした可憐な高橋選手
がっ! いったんリンクを離れると
「よしなさいっ」
と言ってしまいそうになるやんちゃ振りを発揮!

201202111505000.jpg ef82c9f4f14d712a12aefcc18add2928.jpg

これ。。。
サル?
おサルにしかみえない。。。(−−)

今日、またニュースが飛び込んできました。
フィギュアスケートのペアで高橋成美(20)=木下ク=と組み、3月の世界選手権(フランス・ニース)で3位に入って日本ペア初のメダルを獲得したマービン・トラン(21)=カナダ=が14年ソチ冬季五輪出場を視野に、日本国籍取得を目指す意向であることが22日、分かった。日本スケート連盟の関係者が明らかにした。

 トランはベトナム人の父とカンボジア人の母との間に生まれ、現在は出生地のカナダ国籍。トランは同日、「誰もが五輪を目標として目指している。我々が置かれた状況は複雑だが、(日本)チームに貢献できる役割があることが分かった」と話した。

 連盟関係者によると、トランは世界選手権での活躍を根拠に五輪でも戦えるとの自信を深め、日本ペアとして五輪出場の条件となる日本国籍取得の意思を固めた。だが、日本国籍取得のためには日本に5年以上居住するなどの諸条件があり、この関係者は「ソチ五輪に間に合わせるためには、国に動いてもらうしか方法がない」と話した。

  〜毎日新聞

国に動いてもらいましょう!

あと2年、ジャンプの安定と細やかな調整がうまくいけば
ソチでの表彰台にも届くかも!

期待してしまいます。
posted by ぶるうらぐん at 23:37| Comment(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月15日

恐るべしロシア女子シングル!!

ロシア選手権の動画で、アデリナ・ソトニコワ選手の演技に驚きました!!
GPシリーズでは、なかなか実力が発揮できませんでしたが
ここにきて完璧な演技!

この選手、3Lz-3Loのコンビネーションという大技を持ってるのですが、
私の目を釘付けにしたのはジャンプより、むしろその美しいポジショニング!

技のつなぎの部分で、次々と出てくるポーズの一つ一つが
ビシッ! と決まってる。
001.jpg

002.jpg 004.jpg 20120306_283914.jpg

どちらかというと、男性的
カッコいいんです!

浅田選手とは、”美しいポジション”という部分は似ている気がしますが
その姿から表現されるものは対照的です。
浅田選手の柔らかさに対して、ソトニコワ選手は柔軟性はあるのですが硬さを感じます。
演技の基本はバレエでしょう。
ドキッとするような迫力ある演技です。

今、ロシアには彼女のほかにも、GPで頭角を現したトゥクタミシェワ選手、ジュニアのリプニツカヤ選手としのぎを削っており、ますます目が離せません。
恐ろしい存在であると同時に
来シーズンからは、今までに見たことない高いレベルでの戦いになりそうで
ハラハラしながらも、男子並みに楽しめそうな気がします。

我が浅田選手も、今のような失敗を繰り返していてはどうにもなりません。
OP経験者として、落ち着きのある奥深い演技
正確な技術
それが確立された上での、3A!

信念、そして一度取り損なったものへの執念(きれいごとはよしましょう。浅田選手はOP金メダルが何より欲しいのです!)、その為に自分がなすべきことはなんなのか。。。

彼女の大きな成長を期待してます!
まだ負けるわけにはいかないはずです!

posted by ぶるうらぐん at 00:07| Comment(2) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月11日

羽生選手とプルシェンコ そして認められる選手たち

今回の世界選手権で、一躍スター。。。時の人となった羽生結弦選手。
いやいや、私も驚かされました。

ぶらぶらとネットをお散歩中に
彼の事を書いたブログに出会いました。
プルシェンコの事も書いてあり、興味を引きました。

内容をちょっとお借りして。。。

そして彼自身がこの先狙っていく目標も、ただのチャンピオンではないという。
「もちろん世界チャンピオンをめざしたいです。でも、1回優勝するだけじゃなく、勝ち続けたい。そして他の選手を完全に突き放せるような選手になりたいんです。だって僕は、ずっとプルシェンコを尊敬してきたんですから」
 
そう、彼の目標は、世界選手権優勝3回、欧州選手権優勝7回、オリンピック3大会連続メダル獲得の「勝ち続けたチャンピオン」、エフゲニー・プルシェンコだ。実はプルシェンコも羽生のことを認めていて、羽生はシーズンオフのアイスショーなどでプルシェンコに会うたびに、「俺を越えろ」「俺に勝て」と言われているそうだ。


今回、世界選手権の前に、プル様が、羽生選手が「何かやるだろう」と発言していました。
それで、終わった後に、「ほら、言ったとおりでしょ」とツイッターでつぶやいていたそうです。


最近、フィギュアスケートのトップ選手たちから
よく日本人選手の名前がでますね。

ソトニコワ選手。。。まだトップグループには入ってきてませんが
いずれ上り詰めてくるであろう選手の一人
彼女は、浅田選手の事を尊敬してるといいます。

今や誰が決めたか絶対王者というチャン選手も
「ライバルはタカハシ」と公言!

なんだか、うれしいですね!
同じ競技を競い合う選手たちから、認められてる!
ということですから。

若い人たちも
そういう先輩の後を追って
「追いつけ、追い越せ」で頑張って欲しいですね!!
posted by ぶるうらぐん at 10:59| Comment(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月05日

ブライアン・ジュベール そしてジェレミー・アボット

私は今まであまり日本人以外の選手の事を語りませんでした。
プルシェンコは別格だし、今まであまりにも浅田選手にのめりこみ過ぎて・・・
それに、日本人選手が頑張ってて、語る機会がなかなかありませんでした。

実は男子シングルの選手に2人程好きな選手がいます。

一人は、ブライアン・ジュベール選手
今回の世界選手権で、久しぶりに彼のガッツポーズと笑顔をみる事ができ、
とても嬉しく、私まで顔がニヤニヤ(?)ニコニコと緩んでしまいました。
4回転を初めとするすべてのジャンプをパーフェクトに成功させました。
本当に久しぶりに!!

しかし。。。あの採点。。。
もう少し評価して欲しかった。
「羽生君とどっちが上?」と
ハラハラ、ドキドキしながら待っていたのに
「へっ?」
と思うほどの点差に、驚きました。
もちろん、羽生君の3位は私としてもとても嬉しい事です。
でも、どちらも素晴らしかったので、その点差に驚いたのです。
私は、以前から彼のファンです。
彼の男らしいスケート演技が好きです。
だって、かっこいい!!
もう少し、評価して欲しかった。
残念で悔しい!

もう一人、ジェレミー・アボット選手。

こちらは先のジュベール選手とは対照的な選手。
とても品があって、とても滑らかで表情豊か、そして高いスケーティング技術を持った選手。
佐藤有香コーチが
「彼は、フィギュアスケートに必要なものを、すべて持っている」
という意味がよくわかります。

彼が滑っていると引き込まれます。
そして心がす〜っと、軽やかに暖かく。。。
ん〜〜〜〜〜言葉が。。。
誰か私の代わりに上手に表現してくれるといいのですが。。。

えっと、浅田選手の演技に例えると
あの「月の光」を観ていたときの気分に似ているような。
そんな彼の演技が大好きです。

ジュベールは年齢的にソチはハードのように思いますが
アボット選手には、頑張って欲しいです。

他国に好きな選手がいると、誰を応援していいのか。。。
ムムムっ・・・
やっぱり、日本人選手に勝ってほしいな。

posted by ぶるうらぐん at 11:22| Comment(4) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月01日

世界選手権 男子シングル 素晴らしい!!

とにかく素晴らしい試合でした。

バンクーバーでの四回転論争が、はるか昔の事のように思えます。

これぞ男子シングル

偏見かもしれませんが、私はそう思います。
ただし。。。
それだけではダメ
それも、私も思います。
「四回転を跳べばいい」なんて、それこそ時代遅れ!
それを証明した試合内容に、私は感動しました。

まずは羽生君
ほんとうに頑張りました。
後半はステップ等、スピードが落ちはしたものの
苦しい息の中、次々とジャンプを決め

”お兄さん方”と比べると、少々未熟な面もありはするものの
若々しい感動を与えてくれました。
銅メダル、ほんとうにおめでとう!!

さて、わが日本が誇る高橋選手は。。。
これも見事な演技でした。
冒頭の四回転を成功をさせ
その後もパーフェクトな演技
ステップも滑らかでGood!!

なのに。。。
私が思っていたより点数が伸びませんでした。
???
あんなもんですか?

しいていうなら、私が気付いた範囲ですが、
後半のジャンプの着氷後の流れがなかったくらいかな?
”トン”という感じで降りちゃうと
すっごく評価が下がりますもんね。
(浅田選手もこれにひっかかってます)

でも。。。
ん〜〜〜〜〜〜
総合的に判断して。。。。。P・チャン選手や羽生君より下はないでしょう。
あのフリーが3位なんて。。。ありえない!! と思います。
あの高レベルな試合の中の銀メダルはすごいんだけど、
なんだか、残念。

小塚選手
ほんとに残念
でも彼の挑戦は、今の男子シングルの流れを考えると仕方ない、
当然の選択だったと思います。

四回転時代
誰が何と言ってもそうなってしまった中
挑戦しないわけにはいきません。

乗り遅れないよう、今後の奮闘に期待します。

それにしても、日本勢すごい!
この調子で、ソチに向かってまっしぐらですね!!


posted by ぶるうらぐん at 13:47| Comment(8) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月27日

いよいよ世界選手権!

いよいよ始まります!

何だか。。。
今回はとてもワクワクしているのです。


今回の真央ちゃん、何かをやってくれそうな。。。
部外者&素人の私が言うのも変ですが、
何か壁を乗り越えそうな
そんな気が。。。予感がしてます。

なぜかは分からないのですが
今までは「ドキドキ」そう。。。心配の方が大きかったんです。
出来不出来がとても気になってました。

でも、今の真央ちゃん、本当に成長しましたよね。

「やるべきことは全てやってきた」
インタビューでしっかりと応えてました。

たとえ何があっても、もう自分を見失う事はないような。。。

それに、フランスではなかなかの人気者の真央ちゃん
会場でも暖かく迎えられるはず。

結果は蓋を開けてみないとわかりませんが、
表彰台に立ち
EXで、今季最後のあの『この世のものとは思えない』美しく素敵なジュピターを観たい!
このプロは反則です! 涙がどうしても止められません。

もちろん
最高のシェヘラザード
最高の愛の夢

きっと演じてくれる。。。
posted by ぶるうらぐん at 16:05| Comment(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月12日

2012四大陸選手権@

男子シングルが昨日終わりました。
ん〜〜〜〜っ

高橋選手、少しお疲れでしょうか。。。
四回転へのこだわりが、他の演技に影響してる。。。
そんな感じも受けました。

しかしあの点差。。。

あの出来では仕方ない事なのか。。。
男子は、四回転時代の再来で大変です!
選手の皆さん、怪我には気を付けて!!

さてさて、わが真央ちゃんはといいますと
衣装が変わってた!!


asada120211.jpg

「ジャスミン」みたいな前の衣装もよかったけれど
この衣装、とってもきれい!!
3Aの為に、変えたとの報道も。。。

その3A! とうとう挑戦しましたね!
練習の出来から言えば、決して無謀な判断ではなかったし
跳んで正解だったと思います。

しかし惜しい!!
練習ではうまくいってたのに、回転不足の両足着氷。

それにしても、それ以外の演技がますますよくなっていたように感じました。
解説者(八木沼さんかな?)もおっしゃってましたね。

彼女の滑りは、何だかとても不思議です。
スピードはUPしたのに、全然力みがない!
一かきで、ぐ〜〜〜んと伸びる。

何だか、雲の上をス〜イスイと飛んでるような。。。

ジャンプも安藤選手のような豪快さはありませんが、
軽やかにふわっと。。。
でも、これって今のジャッジには評価低いんですよね。
なぜなんだろ?
私は、女性らしいジャンプですごく好きなんだけど。

明日のフリー
本当に楽しみ!!
3A成功祈願!!!


posted by ぶるうらぐん at 15:04| Comment(2) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月29日

再び戻ってきたプルシェンコ!!

『フィギュアスケートの欧州選手権最終日は28日、英国のシェフィールドで男女フリーを行い、男子は2006年トリノ冬季五輪金メダルの29歳、エフゲニー・プルシェンコ(ロシア)がショートプログラム(SP)との合計で自己ベストの261・23点をマークし、2季ぶり7度目の優勝を飾った。

 プルシェンコは4回転ジャンプを決め、SPの2位から逆転した。2位はSP1位のアルツール・ガチンスキー(ロシア)で246・27点。』

          −−−産経ニュースより

また、この男が戻ってきました!

SPを動画で見ましたが、相も変らぬ「魅力的な演技」
怪我で4回転は回避したようですが
個人的にスピンの回転が気になったほかは
しばらく競技を離れていたとは思えぬほどの
そして痛みをこらえての演技とは思えぬほどの
落ちつきはらった演技
さすがです。

昨年のガチンスキーの成績にしびれを切らせた誰かが
呼び寄せたのか
はたまた、本人の予定通りの行動なのか。。。

またドイツで手術を受けることになってるそうだけど
ロシアも「ソチ五輪」を見据えて
取りこぼしのない体制を整えたいところですものね。

彼はきそうですね
ソチ五輪に
そのころ彼は31歳?
すっ、すごい!


posted by ぶるうらぐん at 22:36| Comment(2) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月25日

全日本 男子シングル フリー

高橋・小塚・羽生
この3選手の高いレベルで競い合う姿!
素晴らしかったです。

高橋選手は。。。
彼が表現豊かなスケートを滑るのは、いまや当たり前!
あえて。。。
『3コケはまずいでしょっ!!』
しっかり疲れを取って、世界選手権では完璧な演技をみせてください!
がんばって!!

小塚選手。。。
どう言葉に表せばいいでしょうか
今回の彼の演技、本当によかった!!

テレビでは女子のSPと続けて放送されたのですが、
正直、真央ちゃんの演技より感動してしまったのです。
彼のこの演技にかける気持ちが、伝わってきました。

今までは、「うまいんだけど。。。」
この。。。が、難題だった演技
一つ殻を破りましたね!

羽生選手
フリー1位の167.59点!!
最後の3サルコウは残念でしたが
最初の4トゥループ、そして後半のトリプルアクセル−トリプルトゥループ−ダブルトゥループ
はすごい!!

後はスタミナと
ステップが他の2人と比べるとやはり見劣りします。
が、
本当に楽しみな選手ですね。
怪我に気を付けて、どんどん成長していってほしいです!!
posted by ぶるうらぐん at 00:05| Comment(2) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。