2010年02月12日

2007、2008世界選手権を振り返って

数日前からJ sportで2007年、2008年のフィギュアスケート世界選手権男女シングルをやっていました。

結果が分かっているだけに、ドキドキすることもなく落ち着いて観る事が出来たのですが、あらためて1年1年の真央ちゃんの成長振りが、よくわかりました。
それと同時に、3年前からヨナ選手、安藤選手、ロシェット選手は、殆ど変化を感じられず。。。つまりもうほぼ完成形になっているということも。

体の成長とともに不安定になっていったジャンプに比べ、それを補うように表現力・芸術性を高めていった真央ちゃん。技術面でもスピンやステップの質を上げていってますよね。

もう暫くは、階段を登り続けていけそうですね。

その階段の途中にある高い高いハードルであるオリンピックで、1つの大きな結果が出るといいな。

結果と言うのはもちろん順位ではなくて、真央ちゃんが試合のたびに自分自身に言い続けてきた「パーフェクト」です。
ジャンプだけでなく、他の要素も取りこぼしすることなく、最初から最後まで落ち着いて試合に挑めますように。
posted by ぶるうらぐん at 23:41| Comment(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

日本人練習中は黒いカーテン

オリンピックも近くなり、いろいろと情報も入ってきます。

今、現地のフィギュアスケート練習場では、日本人の練習中は黒いカーテンがひかれ、マスコミや一般客からの防護柵がはられているそうです。

カナダでも人気が高いという真央ちゃん。
今は国内で調整中だけど、行くといろいろ大変なんでしょうね。
もちろんカーテンは、真央ちゃんだけのためではないのだけど、ライバルであるロシェットさんの母国ですからね。
それにうるさそうな某国のマスコミから守ってあげるのは、例え「やり過ぎ」との批判を受けても、いいことだと思います。
練習中の細かな状態を、ごちゃごちゃ言われるとうるさいですもの。

あ〜〜でも、女子も男子も今回のOPは混戦しそうですね。

プルシェンコは欧州選手権ですっごい点数出すわ、ランビエールも復活するわ!!
高橋君も織田君も、いよいよ1つのミスも許されなくなりましたね。

女子は、世間の予想は圧倒的にヨナ選手有利!!ですが、私は「結果は蓋をあけてみないと分からない」と本気で思っていますよパンチ
ロシェット・安藤・鈴木・それと先日の全米選手権でプログラムの内容を高く評価されたアメリカのフラット!
最後はもちろん我が真央ちゃん!!!
(鈴木・フラット両選手は、ネームバリュー的に、ちょと出遅れるかな?)

誰が優勝してもおかしくないと思っています。

今、前を向いてOPの頂点を目指している真央ちゃん。
GPロシア大会直後の下を向いた真央ちゃんのままならここまで楽しみに出来なかったと思いますが、近年稀に見る白熱した試合になること間違い無しです!

結果には運も必要!
真央ちゃん、悔いの無い演技をネムード

すごく楽しみです。

posted by ぶるうらぐん at 15:18| Comment(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

一人、たくましく!!

ロシアへは向わず、日本でギリギリまで調整すると決めた真央ちゃん。
「大事な試合前に、一人で大丈夫?」
と心配はあるものの、今までだって大きな試合を一人で(まったくの一人ではないけど)乗り越えてきてるもんね!

ラファエル・アルトゥニアンコーチとだって、世界選手権直前に師弟関係を解消した事もあったし。

他の選手の様子をみていると、コーチとずっと一緒で苦楽を共に!って感じだけど(安藤選手なんてその典型)、真央ちゃんってそうじゃないもの。
そういう所は、「強い子だな」と感心する。

なんだかね。
よくわかんない子。
人間なんだから弱さを持ってて当然なんだけど、「ここっ!!」って時に、弱さが出て崩れたかと思えば、土壇場に追い詰められるとビックリするような迫力で、圧倒的な演技をしたり。

面白い子ですよね。

今日も、もくもくと練習に励んだんでしょうね。

時差の事とか、リンクの氷の状態とか、素人なりに心配はあるけれど、そんな事は周りの人も承知の上の決定。
悔いの無いよう、やるだけことをしっかりね!!
posted by ぶるうらぐん at 21:31| Comment(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

浅田真央 四大陸 SPスコア 

真央ちゃんのSPのスコア、発見しました。

Elements  BaseValue  GOE   Score
1.3A<+2T  4.80       0.60  5.40
2.1F      0.50      −0.30  2.20
3.LSp4    2.70       0.70  3.40
4.SpSq3   3.10       1.00  4.10
5.2A      3.50       1.40  4.90
6.FSSp4   3.00       0.70  3.70
7.SLSt3   3.30       1.00  4.30
8.CCoSp4  3.50       0.60  4.10

TES:30.10
PCS:28.12
Deductions:−1.00
TOTAL:57.22

スパイラル シークエンスがレベル3
ストレートライン ステップシークエンスがレベル3

スピンだけがかろうじてレベル4を取れてますね。

SPの演技を観ていないので何ともいえませんが、どうなんでしょうね?
ジャンプという得点源での失敗は、やはり痛いですね!
テレビでちらっと見た感じでは、3Aもよく回転しているようには見えるんですけどね。仕方ありませんね。

スパイラルやステップの判断は、素人には無理ですからね。
どちらもとっても綺麗だったり、凄かったりするんですけど。
いろんな判定基準があるのでしょうね。

そうそう、こんな話を聞きました(読みました?)。
この1月、真央ちゃんは”オリンピック選手団のユニフォーム”が届くことを、ずっと心待ちにしていたそうなんです。
届いたと思ったらすぐさま広げて、お父さんやお姐さんの舞さんにも見せびらかして、うきうきしていたそうですよ。
そんな無邪気な真央ちゃんの話を聞くと、「金メダルを取りたい!」という彼女の気持ちを、素直に応援したくなってしまいます。
posted by ぶるうらぐん at 20:08| Comment(2) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月31日

真央ちゃんに大切にして欲しい事。

全日本、四大陸と調子を上げてきているものの、現在のルール下において冷静に見れば不安な点はやはり少なくはありません。
ジャンプを跳びやすくするためにプログラムの密度を落としたこと(ご丁寧にその事を公表しちゃったし)で、トランジッションの評価はかなり下がってしまい、それがPCSに明確に現れてきてしまっているようです。

「安定感がない」多くの評論家(?)のご意見も多いし。

でも、私は思います。「確実に跳べるジャンプ」というものがあるのでしょうか?
プレッシャーがかかるのは真央ちゃんだけではありません。
確かに現状では「安定感」と言う点で、有力選手の中では一番不利なように思われますが、あの大舞台で絶対的な演技が出来るという自信を持っている人などいないと思います。(トリノのプルシェンコは別格でしたが)

これまでのオリンピックを振り返ってみても、前評判はそこそこでも「ミスのない演技をした選手」が勝っています。

カギは、真央ちゃんに限らず、「ミスをしないこと」
そのリスクは皆同じ。
簡単なジャンプなどないし、人間である以上「絶対」はない。
そしてパーフェクトな演技をしいられるのは、決して真央ちゃんだけではないのです。

真央ちゃんに大切にして欲しいこと。
それは、何があっても最後まで決して諦めないで欲しいということ。
結果を恐れず、自分のやるべきことをしっかりやりぬいて欲しい。
オリンピックという夢の舞台で、後悔だけは残さないように。

でも、難しいですよ。
後悔を残さないということは、結果はどうあれパーフェクトな演技をすると言うことですからねあせあせ(飛び散る汗)
あははっわーい(嬉しい顔)
posted by ぶるうらぐん at 20:28| Comment(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

真央ちゃん、四大陸を終えて

真央ちゃんにとっては、自身と自信の確認でもあった四大陸選手権。
SPでの反省を経て、迷い無く挑んだフリー。
細かいミスは残念だったものの、それなりの成果に、今は揺ぎ無い意志を持って、オリンピックへと向っている事でしょう(^^)

このブログもオリンピックが終わるまで、暫くの間真央ちゃん一色に染めたいと思っています。

昨日少し触れましたが、フリーの点数。。。
思ったほど伸びてないな。と感じたのは私だけではなかったのではないでしょうか?

あちこち、採点とかスコアとかで検索してみたものの、まだ公開されていないのか探せないでいます。

そんな中、SPで減点1となったタイムオーバーは、なんとたったの0.4秒だったこと。そして、あのフリーのステップがレベル2だった事などを知りました。
個人のブログ上でのものだったので、はっきりとはしませんが、それがもし事実なら。。。
減点1は。。。まぁ、こらえましょう。
でもあのステップがレベル2なんてありえるでしょうか?

一度”最高点”を出した人と、左右に画像を並べて見比べてみたい。
そういう衝動にかられてしまいます。

でも、そういう苛立つ記事ばかりではありませんでした。
鈴木明子選手のコーチである長久保コーチが(ジャンプなど技術面での指導力が高く評価されてる方らしいです)、言ってみれば教え子のライバルである真央ちゃんに、3Aの助言をしたんだとか。

これぞスポーツマンシップ!!!
こういう美談は、心が温かくなります。
これも、真央ちゃんの人柄。
ひたむきな19歳の少女に、手を差し伸べずにはいられなかったのでしょう。それに、タラソワコーチの不在で、口も出しやすかったとか?

真央ちゃんにとって、やっといい風がふいてきたような。。。

今まで審査員に対する不信から、苛立ちや不満は山の様にありました。
でも、あの真央ちゃんの演技を観て、「なんてくだらない」
そう思うようになりつつあります。

これまでだって採点基準やルールが変わっている中の”歴代最高点”やら、特に今シーズンのような選手や関係者にもわかりずらい”得点”に、いったいどれだけの価値があるというのでしょうか。
真央ちゃんの「鐘」は、きっとフィギュア界の歴史に残るプログラムの一つになるに違いありません。
本人もそう自覚しているからこそ、あの「鐘」という曲に負けない「3A×2」に挑戦し続けるのだと思います。
posted by ぶるうらぐん at 17:43| Comment(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

おめでとう!真央ちゃん!!

四大陸逆転優勝!
まずはおめでとう!!

凄かった!
これって日本人にしかわからない感覚ではないですよね?
見ている間中体に力が入ってしまって、息をのんで見入ってしまう。
重々しい「鐘」を、見事に鳴り響かせました。

私。。。恥ずかしながら、1本目の3Aは目を瞑ってしまいましたふらふら
なんか高さも回転も完璧だったとのことで、もったいない事をしてしまいましたよ。
2本目のコンビネーションは、厳しい今の採点法では「どうかな?」と思いましたが、認定されたようでホッしました。
得点が思いのほか伸びなかったように感じましたが、恐らくいくつかの回転不足を取られたのかな?
それでも、3Aを認定された事とステップかスピンかスパイラルのどれか2つ(だったかな?)でレベル4を取れていると聞いたので、それだけでも充分な成果はあったと思います。

だいたい女子で126点を取るって凄い事だったはずなのですが、最近の意味不明の採点法で、わけがわからなくなってる私なので、その点数が実際どれだけの価値があるのか。。。難しいですね。

そんな事はどうでもいいですよね!
真央ちゃんにとっても、前向きにオリンピックを目指していける材料にはなったでしょうし。

外野の声など気にせず、真央ちゃんは真央ちゃんのやりたいことをオリンピックでやればいい!!
3A×3回!
拘りたければとことん拘ればいい。
それが「浅田真央」だから。

だからといって、それだけの真央ではない!
諸外国の人達からの演技全体の芸術性の評価は高い!!!
本当に素晴らしい選手に育ったよね。

これからも真っ直ぐに自分の道を進んでいってね。
結果は後から必ずついてくるものだから。。。
posted by ぶるうらぐん at 22:50| Comment(2) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

悔しい 四大陸SP

ん〜〜〜〜っ。
好調だと聞いていただけに残念ふらふら

3Aは回転不足、3Fはパンク、演技時間オーバー・・・
どうしちゃったの?

今の採点法では、なかなかクリーン判定をもらうのは難しいのは分かっているけれど、回転不足以外のミスが気になります。

大舞台で勝てる人には2タイプあるのではないかと、私は思います。

ひとつは、勝つためへの執念と信念が人より勝っている人
もうひとつは、自分自身を解放し自然体の中で実力を発揮する人

真央ちゃんは、後者タイプだと私は思うのです。
彼女のこれまでの生い立ちや周囲の環境を見ても、そういう感じがします。
無心で楽しんで滑っている真央ちゃんは敵無し!!と言っても過言ではないと思います。

ず〜〜っと前にここでも書いたように、
「真央ちゃんが金メダルを諦めた時、凄い事が起こる」
その思いは今もかわりません。

自分の体にまかせ、練習のときと同じような呼吸で滑る事ができたら・・・

今は彼女の意識が、体の動きにブレーキをかけているように思えてなりません。
明日のフリーは、パーフェクトも金メダルも得点も忘れ、「無心」で自分らしい演技をしてくださいね。
posted by ぶるうらぐん at 23:54| Comment(2) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月06日

美しすぎて。。。

暮れの全日本の感動も冷めやらぬ中、
もうすぐ四大陸が始まりますね。

フリーの「鐘」。
私の体の中で、重々しく、神々しいまで響いた演技も素晴らしかったのですが、SPに姿を変え、表現の仕方を暗から明に変えてきた「仮面舞踏会」の演技。
その美しさと愛らしさに心奪われました。

真央2009全日本SP−1.jpg
http://sports.livedoor.com/photo/search?w=%C0%F5%C5%C4%BF%BF%B1%FB

ねっ! とっても美しいでしょう!!

この表情、初めての舞踏会でのワクワク感!
この時の演技で、やっとタラソワさんと真央ちゃんの意図がわかった気がしました。
posted by ぶるうらぐん at 20:12| Comment(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月30日

真央ちゃん、今後の日程

その前に、まずは訂正から。。。
以前の記事に全日本のSPの3回転が3Fではなかったのでは?なんて書いてしまいましたが、ちゃんと飛んでいましたね。
TVでの解説がちゃんと聞こえてなくて、フリップと聞こえなくて。。。
あははっ(~~;

真央ちゃんの今後の日程を調べました。
四大陸が1月25日〜31日
オリンピック フィギュアスケート女子シングルSPが2月23日。

日程が厳しいかな?とは思いますが、真央ちゃんも一つ一つ自分の演技を皆の前で確認したいのでしょうね。

でも、やはり四大陸の開催地が気になります。
去年のGPF。
あの時の様子は、皆さんもみ〜んなご存知の事。
あんな失礼な国で、まして真央ちゃんを目の敵にする国で、本当に大丈夫なのでしょうか?

試合はもとより、身体の心配までしてしまいます。

真央ちゃんも、どうしても行かなければならないのなら、かなりの覚悟を持って行かなければならないと思います。
採点は、決して満足の行くものは出ないはず。

真央ちゃんのほんの些細なミスを見つけ出し減点。
私的には他に追従を許さないと思っているあの”ステップ”ですら、レベル4をもらえないかもしれません。
スパイラルやスピンもあれでレベル4でなくて、誰が取るの?
と言えるのですが。。。
会場からは冷たい視線とヤジ。

本当は行って欲しくない。

どうしても行かなければならないのなら、もう優勝とかそんなのどうでもいいから、どうか無事に帰ってきてね!!
採点を気にする事無く自分の演技が確認できたら、さっさと帰ってきてちょうだいな。
posted by ぶるうらぐん at 23:38| Comment(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

国内大会のジャッジ

2〜3真央ちゃん関連のブログを書かれている所をお邪魔しました。
そこに「国内大会のジャッジ」について書かれている方が2,3ありました。

国内大会でのジャッジは甘めでもいいのではないか?

私は賛成です。
とんでもない点数は馬鹿げてますが、例えば先日の全日本の真央ちゃんのSPの3A、あれだけ微妙なジャンプであれば、認定されてもよかったのではないかと内心思っています。

『本人への自信、諸外国選手、ISUジャッジへのアピール』

他のブログでも書かれていたように、そういう事も考慮してもいいと思いますよ。
それに。。。去年もそう思いましたが、真央ちゃんの3Aの判定は特に厳しく感じています。
そうかと思えばスパイラルシークエンスはレベル4認定にGOE2.20というちょっとびっくりすような加点。

総合得点をみても、真央ちゃんのあの演技と中野選手(引き合いに出してごめんなさい)のあの演技が10点程しか差が無い。。。
そんなものなのでしょうか?

何だか。。。ジャッジが甘かったり厳しかったり。。。

素人の私には分かりませんが、オリンピックイヤーを控えた特別な大会。
選手を気持ちよく送り出すのもJOCの役目だと思うのですが、私は考えが甘いかな?
だって、プルシェンコなんてSPで100点超え!!
『やってくれるなロシア!』って感じたんですもの!!

posted by ぶるうらぐん at 22:36| Comment(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

真央ちゃんと「坂の上の雲」

今回の全日本、真央ちゃんの復調と優勝で終わりました。
今日のTVで、オリンピックの目標を聞かれ、「日進月歩」と他の選手とは違ったコメントをしていたのが印象的でした。
オリンピックの先の世界選手権のことまで話して。。。

オリンピックといえども、彼女にとっては自分の目指すものの道程の一つに過ぎないのでしょうか。もちろん特別なものであることには違いないでしょうが。

でも、私はそういう気持ちで望んで欲しいと思います。
全日本で冷静に今の自分を見つめられたように、その時その時に出来る事を精一杯やる!!

空の上の雲。。。。。

なぜか、その小説のタイトルが頭をよぎりました。

あれだけの才能を持った子です。
小さくまとまるのはもったいない!!
無理せず、確実に自分の坂を登りつめて欲しい。

話は変わりますが、鈴木選手と中野選手。明暗を分けましたね。
二人ともいかせてあげたい。
でも、スポーツの世界は厳しく、シッカリと自分の力でチケットをもぎ取らなくてはいけないのですね。
世界選手権で中野選手が輝ける事を祈ってます。
posted by ぶるうらぐん at 23:51| Comment(2) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

真央ちゃん、堂々の4連覇!!

いやぁ〜〜〜。
「素晴らしい!!」の一言です。

まずはショート!
3Tが惜しくもダウングレードされましたが、その他は音楽にのって躍るような完璧な滑り。
お化粧も真央ちゃんらしく愛らしく変えて、全体的に自分に素直に演じきったという印象を受けました。
フィニッシュ後のあの笑顔も久しぶりでしたね!!
ステップからの3回転は、いつもはフリップではなかったでしょうか?
今回はレベルを下げてましたよね?
フリーでは完璧だったので、これをショートで戻し、3Tの着氷がもっとクリーンになればもう言うことなし!!

フリーは。。。
もう、息もつけないくらいの気迫を感じました。
無理せず安定した演技。3Tは完璧でしたが、3−2−2の2回転が回転不足だったのかな?
これも惜しい!!!
でも、今日の演技はそんな事どうでもいいくらい素晴らしかった。
鳥肌が立ちました。
ただ、あの曲は会場の観客も一緒になって。。。と言うわけにはいきそうもないですね。
どちらかと言うと、「近寄りがたい」雰囲気一杯で。。。
この雰囲気が、海外の観客やジャッジに受け入れられるといいのですが。

それにしても悔やまれるのが、この雰囲気を生で感じられなかったこと。
く〜〜〜〜っ。
今度大きな大会がある時は、逃さないようにしなきゃ!!!
posted by ぶるうらぐん at 00:21| Comment(2) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月24日

いよいよ明日開幕!

いよいよ明日から”全日本フィギュアスケート”が始まります。

新聞では、Vを逃してもオリンピック代表はOK!とか書いてありますが、
それでは真央ちゃん自身にとって何の意味もないのでは?
プレッシャーのかかる試合で、自分が拘り続けたジャンプを成功させる。
それが出来なければ、オリンピックに出る意義があるのかどうか。。。
真央ちゃん自身が「出場できるだけで幸せ」などとは思っていないでしょうし。

となると、実力では群を抜いてる真央ちゃんは、やはり実力を出し切って。。。少なくとも8〜9割は出して優勝しなければなりません。

自分の滑りに集中して、完成度の高い演技をみせてくれる事を祈ると同時に、期待し楽しみにしてます。

頑張れ!真央ちゃん。



それにしても、右腕が痛いなぁ〜〜
昨日、冬休みに入ると同時に娘の部屋の模様替えをしました。
女の子なのに、どうしようもないくらい生理整頓下手!!
いらないものがゴミ袋一杯に出てきました(><)
机や本棚を移動させたので、案の定筋肉痛に陥ってしまった。。。
posted by ぶるうらぐん at 23:57| Comment(4) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月18日

狂気的ジャッジにとうとう激怒!!!

フギュアスケートGPを楽しめなくなって久しい今日この頃。
真央ちゃんが不調だからなんて理由ではない。。。
不調を協調する日本マスコミ!
その元凶たる電○!!!
いい加減ウンザリ。。。

がっ!!
アメリカでのあの点数には黙っていられない!!!
ありえない!! 絶対にありえないキム・ヨナのSP点数!!!
私が言いたい事はこのブログに全て書いてあるので、ご紹介。

http://plaza.rakuten.co.jp/mizumizu4329/diary/200903300000/

昨年の記事だが、こういうのも。
http://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/skate/1229573017/
より抜粋

「今回の(というよりここ数年の)浅田潰しキム上げの全貌」

浅田電通金儲けのシンボリアスリート断る
        ↓
電通激怒により雑誌等で親の職業叩きスタート
        ↓
浅田IMG VS 電通 の抗争激化
        ↓
電通と韓国IB連合がIMGのキム強奪計画を決行
        ↓
韓国IMGと韓国IBスポーツ訴訟対決
        ↓
電通と韓国IB連合が人気下降中のISUフィギュアのスポンサード就任
        ↓
韓国IBと韓国SBSと癒着しまくりのISU韓国人副会長が私物化
        ↓
チンクワンタ会長 クリックスポーツ局長 と韓国人副会長の利害が一致
        ↓
電通IB連合にISUのトップ糞幹部が組んでキム上げ浅田下げを本格的スタート
        ↓
電通支配の日本マスコミによる真央ネガキャンスタート
        ↓
この悪だくみに真央自力で対抗ワールド制覇で阻止
        ↓
キムの日本&世界売り出しに失敗ただし韓国内ではCM13本獲得し強引な売り出しに成功
        ↓
も一度キムの日本売出し真央人気下げ計画の為の韓国GF八百長出来レース決行
        ↓
またしても真央自力と強運でなんとか八百長出来レース阻止GF優勝
        ↓
韓国GF八百長出来レースの世界言論封鎖の為韓国日本ISUでユナ持上げ真央超下げ決行
        ↓
欧州ロシア北米中国マスコミと日本国民に韓国八百長GFバレバレ
        ↓
只今再々度キムの日本売出し思案中  ←(今ここ)

注)ちなみにISUの現在のお財布で真央潰しの元凶は悲しいかな電通による日本企業
  母国の日本に潰されようとしてる真央
  さらに恐るべきは日本スケ連は実は真央を守る気などさらさらない
  
「GFで真央が優勝した瞬間、周りには誰も真央の優勝を伝える者はいなかった・・・・・」
当然です この韓国八百長出来レースを知っていたのは他ならぬ日本スケ連だったのだから 



5 :氷上の名無しさん:2008/12/19(金) 03:28:07 ID:XdE0BPtW0
19 ::2008/01/16(水) 12:23:45
韓国のキムヨナ選手の不正が発覚

グランプリファイナルでの出来事

世界スケート連盟の会長が優勝したキムヨナに対してメダルセレモニーでのメダル授与を拒否して出席しなかったそうです

表彰式でメダル授与をしていたのは韓国人

それから、試合後審判理事が、韓国スケ連を訪問。
審判理事の韓国スケ連訪問は恒例になってるようです。

日本を含めアメリカ、カナダの関係者に審判理事が訪問した事はありません。

ロシア杯で韓国メディアがうっかり審判理事のキムユナ陣営への
訪問を報道してしまってから日本メディアが韓国側をマークしていたら
今回も審判理事がノコノコやって来たそうです。

審判理事も最初は韓国メディアと思ってたらしいのですが
日本メディアと分かり、動揺した様子で引き返したとの事。

韓国側の露骨な審判買収に、さすがにチンクワンタ会長も激怒したそうです

今後のキムヨナの判定に関して今後、面白い展開になりそうです。


6 :氷上の名無しさん:2008/12/19(金) 03:30:29 ID:XdE0BPtW0
507 :氷上の名無しさん:2008/12/16(火) 22:30:23 ID:bupEpzXe0
みんな真央は確かに凄いけどまだ18歳の女の子
日本の報道見て不自然と思うならそんなにいつまでも真央の強運に縋るのは危険
電通IBとISUは真央潰しをますますエスカレートしてくるはず
タラソワがターゲットになる可能性もあるしウィダーのサポートも攻撃対象になるかもしれない
ここの皆は五輪が国家的にどれほどマフィアや闇組織のお金になるか知らない人が多すぎ
基本甘すぎだと思う
真央が背負ってるものや戦ってる相手は億以上の金が動く世界なんだよ
真央じゃなくキムが勝てば潤う人間が邪悪な奴らだったら手段は選ばないはず
言っとくが電通IBのこれまでの歴史を振り返ればいい
真央潰せばどれだけの利益があると思う?
円で何十億 ウォンなら何百億の世界だ 
真央のここまでの過程を少しでも知っているのなら真央潰しの連中の本気度を侮らない方がいい
現実的にIMG博報堂はここ日本では電通に全く敵わないし在日が中枢を占めるマスコミは
今更浄化させようなんて不可能に近い
あと1年半弱で現実にバンクーバー五輪はやってくる
真央を本気で守りたいならこの魑魅魍魎としたISUの糞幹部達や電通IBの腐った計画を
世界中を曝け出して阻止しないと真央は追い詰められることになる
きつい事を言わせてもらうと真央の周りやファンは危機感が足りないと感じる
真央の自力に頼りすぎ
そろそろ動かないとアンチ真央の動きはこれからかなり悪質になるだろう


7 :氷上の名無しさん:2008/12/19(金) 03:33:39 ID:XdE0BPtW0
565 :氷上の名無しさん:2008/12/16(火) 22:56:17 ID:bupEpzXe0
>>534
日本IMGの社長は元博報堂
ここ日本では電通には全く歯が立たない
ここの皆が勘違いしてるのは韓国がISUを買収してると思ってること
これは大きな間違い
そもそも韓国にそんな買収資金を工面出来る力はない
電通系日本企業がISUの糞幹部に提供しているのがほとんど
言いたくないが今年の4ccの高橋の爆上げNHKの織田
男子は日本 女子は韓国キム これが電通IBとISUの基本路線
真央だけが目の上のたんこぶなんだよ奴らにとっては
ちなみに今年の6月のISU総会で現体制でバンクーバーまで行く事に決定している
余程のことがない限り今後も真央に不利な判定は続く
その余程のことを真央陣営は作り出すしかないってこと


8 :氷上の名無しさん:2008/12/19(金) 03:38:20 ID:XdE0BPtW0
611 :氷上の名無しさん:2008/12/16(火) 23:17:13 ID:bupEpzXe0
>>574
今性質が悪いのはフィギュアで金儲けになるのが日本と韓国だけという事
実際韓国は金儲け出来ないが
ISU自体スピスケでは稼げない
頼みのフィギュアは北米欧州ともに集客出来ないでいる
日本韓国にますます目が向けられ都合よく韓国のキムを
管理の厳しい(金儲けの出来にくい)IMGから強奪した電通IBが
一儲けとISU自体の私物化に走った
少し冷静になって考えればカラクリはすぐ見えてくる
電通ご用達の平松がエッジルールの強化を提案←これも真央潰しのひとつ
キム教科書ジャンプ刷り込み←これもISUジャッジミーティングで
結局日本スケ連が絡んでいるわけ
確かに全部じゃないだろうし加藤さんや小川さんのような真央の見方もいるが
はっきり言ってこのキム上げ真央下げの流れを阻止できるほどの力はない




9 :氷上の名無しさん:2008/12/19(金) 03:40:35 ID:XdE0BPtW0
昨年のグランプリファイナルで不正採点でキムを優勝させたのはいいが
観客の激しいブーイングに尻込みして
メダルセレモニーに出てこなかったチンクワンタ会長

代わりにメダル授与したのは不正採点の主犯格である
ISUの韓国人副理事   その時の映像がこれ

http://jp.youtube.com/watch?v=Q3jyjyezrTU

みなさんはどう思いますか?


posted by ぶるうらぐん at 11:09| Comment(7) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

やっぱりNHK!!

今日の「サンデースポーツ」で真央ちゃんが取り上げられていました。
今シーズンの真央ちゃんのプログラムに批判的な他のマスメディアとは違って、自分の夢に真っ直ぐに取り組んでる真央ちゃんに静かなエールを送る番組に、なんだかホッとしました。

「真のアスリート」だと。。。

私も常日頃から思っていることです。

常に自分の限界に挑戦し、妥協を許さない姿勢。
それに感動し私たちに勇気すら与えてくれる彼女は、本当に素晴らしいアスリートです!!!

番組内でフランスのマスコミ関係者のコメントで
「私が一番印象に残っているのは、3Aではなくプログラム全体に行き渡る高度な振り付けです。3Aはそれをもっと印象的なものにする」
というのがありました。

私も全く同意見です!!!
日本のマスコミも失敗を非難するだけでなく、もっと彼女の素晴らしいところを取り上げて欲しい!!
キム・ヨナといったいどれだけの差があるというのでしょう?

失敗を取り上げるのはかまわない。
だけど日本を代表して戦っている選手に、心からの応援エールを送ってもいいのではないかと。。。そう思います。
posted by ぶるうらぐん at 23:20| Comment(2) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

GPロシア大会 真央&プルシェンコ

プルシェンコの演技は、冒頭から4−3コンビネーション3Aと立て続けに成功させたのはさすがだな!といった印象。3ルッツの失敗はお愛嬌。
でも、全体的にトリノの時の演技と比べるとまだまだ本調子ではないんだな。という感がありました。
相変わらず、堂々としてましたけどね!


。。。。。
この大会の女子SPをどう語ればいいのでしょう?
こんな低レベルの大会が近年あったでしぃうか?
TOPクラスの二人が3位と6位?。。。。。

真央ちゃんのあの顔が。。。
3Aを失敗し両足着氷してしまった時のあの表情に、あのまま演技を止めてしまうのではないかと思った程。
一瞬、放心状態に陥ったような表情が忘れられません。
身体と気持ちのバランスがうまく取れていないようにみえました。

明日のフリーを見るまでは断言は出来ませんが、
もう限界なのでは?と心配してしまいます。
セラピーなり神経内科の受診、催眠療法。。。何でもいいから精神面のケアが必要なのではないかしら。。。

フランス大会では静を装っていたけれど、あれほど練習で上手くいっていた3Aを失敗した精神的ショックは、周囲が、いえ!本人が思うより深刻だったのかもしれません。
単純に「弱気」という言葉で済ませられるほどのものではなかったようです。
たった1週間では、気持ちと身体を休める事すらできなかったでしょう。

今のままではGPファイナルは。。。。。
その先のオリンピックは。。。。。

とにかく、今は真央ちゃんを信じたい!
明日(ロシアではもう今日なの?)のフリーでは、自分の限界を打ち破り、みごとな演技を私たちに見せてくれると!
そして、自分の力で立ち直り、自分の力でファイナル、オリンピックの切符を手に入れてくれると!

あのフリーの演技、素晴らしいです。
フランス大会でも、もう少し評価があってもよかったのでは?と内心では思っていました。
でも、そんなことより何より、満面の笑顔の真央ちゃんをみたい!
今はそれだけです。
posted by ぶるうらぐん at 22:45| Comment(4) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

真央ちゃんのプログラム

昨日「浅田真央」で検索し、ブラブラとネットをうろつきました。
今回のプログラム、いろいろご意見があるようでした。

私は。。。
「このプログラムに挑戦できるのは浅田真央しかいない!!
その資格があるのは浅田真央しかいない!!
成功すれば、その偉業を越える事ができる女子フィギュアスケーターは10年いや20年は現れないかもしれない!」

そう大きな声で言いたいです!!

メダルとか、点数とか、そんな事どうでもいいくらい価値ある挑戦なんです。
1つの試合で3回3Aを入れる事がどれほど難しくどれほど素晴らしいことか。

皆さんがおっしゃてるように、確実に金メダルを狙うプログラムではないでしょう。もっと楽な構成で時間をかけて完成度を上げたほうが絶対安定していたにちがいありません。
今の真央ちゃんは、ジャンプ以外の部分でも高い評価を受けていますからね。

私は、真央ちゃんに金メダルのことは忘れ、自分の演技に集中して欲しい!そう思っています。
「3Aを3回飛びたい。。。でも失敗したら減点されて金メダルが取れなくなる。。。。」そんな迷いがあるから、練習で出来ている事が本番で出来ないのだと思うのです。

余計な雑念を全て捨て、ただひたすら、
「絶対に3回成功させる!!あとはどうなってもいい。私の演技に文句があるなら勝手に減点でも何でもしろ!!」
ぐらいの強い意志を持って戦って欲しい。。。そう思っています。

真央ちゃんが金メダルの事を忘れた時、何かが起こりそうな、そんな気がするのです。
posted by ぶるうらぐん at 13:42| Comment(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

GPフランス大会 浅田真央

私。。。怒ってます!!
今までどんなに失敗してもこういう感情はわかなかったのですが、なぜだか凄く腹が立ってます。

今シーズンはオリンピックを控えた大事な大事なシーズン。
それなのにあの演技はいったいなに!!

プレッシャー?
そんなの今更言い訳にもならない。
そんな事を言い訳にするようなら、世界でTOPを目指す資格はないと思う。
金メダル?200点越え?
それどころか銅メダルだってあやしい。
ロシェット選手や安藤選手にだって勝てない!!
自分に負けてしまうようじゃ、誰にも勝てやしない。

メダルなんてどうでもいい!
一度でいいから「完璧な演技」を私たちにみせて!
信念と執念と情熱をもって頑張って!
それがあればプレッシャーなど跳ね返せるはず!
今となっては、あなたは挑戦者なのだから!

ここからは冷静に。。。
あのSP皆さんはどう思われたのでしょう?
あれ、演技と曲と合ってますか?
去年のフリーを見ているだけに、凄く違和感を感じました。
曲の表現力はそれなりに得点源になるのに、あれで本当にオリンピクを戦えるのでしょうか?
posted by ぶるうらぐん at 23:17| Comment(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月11日

エフゲニー・プルシェンコ復帰!

今更ながらではありますが、あのエフゲニー・プルシェンコが帰ってくるんですね!

トリノ五輪以降の男子は、ほぼ団子状態で誰が優勝するのかわからないといった状態が続いてました。
当然高橋選手への大きな期待も膨らみましたよね!

3年のブランクのプルシェンコ。
いったいどんな演技を見せてくれるのでしょう。
あのときの様な”絶対的存在”の演技が期待できるのでしょうか。
まったく不安気のない完璧ともいえる演技。
ついつい期待してしまいます。
GPシリーズがますます楽しみです。

そうそう、昨日BSで先日行われたジャパンオープンをやっていました。
今度は曲に集中して観たのですが、なるほどあれでは「???」となるのは当然の様な気がしました。
せっかくのラフマニノフの代表的作品が台無しですし、最初から最後まで同じ調子でラストへの盛り上がりにも欠けます。
「さぁ! これから」って時に突然曲が終わっちゃったって感じで。

今からじゃなおせるわけないし。。。
ん〜〜〜っ、惜しいな!
タラソワさんにはタラソワさんなりの考えがあっての事でしょうが。
ちょっと残念です。
posted by ぶるうらぐん at 23:52| Comment(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。